次のページの見出し

冬スイカ

この時期になんでスイカ??と思ったそこのあなた。安心してください。私も同じでした。うちのボスは季節関係なくスイカを見つけたらくれるのです!ボスに常識は通用しません!おっと。話が横道にそれました。。おいしかったです。年始からおいしいものをたくさん食べられて幸せです。

新年お食事会

多田さんや藤井さんもあげていますが初詣&お食事会がありました。お食事会では美味しいお肉をいただきながら今年の抱負を発表しました。皆それぞれの年末年始や抱負があっていいし、色々話せたり質問できたりと楽しい時間でした。ちなみに私の抱負は健康!最近上半身に要らない方のお肉がたくさんついてきたので、そろそろヤバイと思ってます。。年末から縄跳びを始めたので今年は継続して跳んで痩せます!

読書レポート_三村/No47

『トヨタ式「すぐやる人」になれる8つのすごい!仕事術』 桑原晃弥 著

つい先日、全国の同業他社が加盟している研究会で当社が「1人当たり生産性トップ賞」という賞をいただいた。当社のリラクスという主力商品はリーズナブルなのに高品質でオシャレというのがお客様に選んでいただけている最大の特徴だが、これを生み出しているのは高生産性経営ができているから。当社では住宅商品を車のような製造業に近づけるための仕組みを構築しているが、賞をいただいてもまだまだできることは無限にある。その代表的な例としてトヨタ式がある。「生産性を上げる」「無駄を省く」「仕事を早くする」など言葉では簡単に言えるが実際に実現するのはとても難しい。自分の課題として自分個人ではこれを日々、進めていても皆ができなければ会社全体が良くならない。1人だけで頑張って成果をあげるのにも限界がある。日々の小さなことへの配慮や対策、省きの積み重ねで会社は大きくなっていく。また、ものづくりとは人づくりであって、人材教育がうまくいかないとものづくりもうまくいかない。社員一人一人が改善に改善を重ねていくことで会社は大きくするかつ社員全員が快適に仕事をこなすことができる。来年の課題として自分がしていること、できていることを率先して仕組化すること。そしてそれを皆ができるようにするための訓練も仕組化する。知っている程度の知識で「できる」ではなく、実際にやってみて成果を生み出す「できた」に変える。

一足早いお正月

一足早くリラクスくんがお正月の装いになりました!この時期はクリスマスからお正月、そして??と早着替えのように大忙し!皆様も良いお年を。

いただきもの

お引渡し後のご挨拶に行ってきました!皆様からお礼といただきものまでいただいてありがたい限りです。リラクスを通して人生が豊かになれば嬉しいですね。お心遣いありがとうございます!です!

冬の遠足2020番外編~おわり~

番外編いかがでしたでしょうか?次回は来年の夏にお会いしましょう!マスクなしで遠足に行ける日が来ることを願いながらおわりです。

冬の遠足2020番外編~やれやれ~

まさかぴちぴち星人が冬にも出てくるとはね。と言いながら日常を取り戻した戸建プラザスタッフたち。「藍の妖怪タダ~ありがとう」「うん、うん、こちらこそありがとう!僕は、僕はこの後、人形浄瑠璃見に行くんだ!」

冬の遠足2020番外編~ヤツは・・~

「ヤツは見た目通りのぴちぴち星人じゃ」とミート姫。

冬の遠足2020番外編~なんとそこに!~

この男が現れた!「カワ。。サムイ。。。ソノ藍の布と服をおれにヨコセ!!」

© 2021 PLAZA SELECT LTD.