次のページの見出し

魚より肉派

先日、社長が焼き肉をご馳走してくださいました!三村さんと私はお肉を食べるたびに「美味しい〜」という言葉しか出ない程、美味しかったです!夢中で食べていたので最後の3枚だけしか写真を撮れませんでした。。反省です。このお肉を食べた分だけ、またお仕事がんばります!ご馳走様でした!

会社紹介

先日の高松に続いて、徳島でもマイナビ主催の転職フェアに参加してきました!今回も数名の方がブースに話を来てくださり、社長や三村さんの話を熱心に聞いてくれました。1人でも「ここで働きたい!」と思ってくれる方が現れてくれると嬉しいですね。。

現実

徳島市のアーケード。平日の昼間とはいえ、悲しいくらい人も少なくてお店もほとんどが閉まっていましたが、私にとっては子供の頃からよく遊びに来ていた場所なので、どうにか活気が戻ってほしいな。。と願うばかりの時間となりました。

おそろい

先日開催したリラクス藍住Ⅶでのもちまき祭。その直前の写真ですが、何となく並んだ3人が似通ったポーズをしていましたね。狙って撮影した訳じゃないので、撮り終わった後に一人で笑ってしまいました。ここで共有します。

読書レポート_藤井/No56

『アウトプットがすごい人の時短のキホン』 著 各務昌久

ここ数年で仕事は時間よりも中身の質だ、という意見を様々なメディアで見聞きします。時間に捕らわれず質を高める方法、つまり成果を伴う時短方法には何が必要か?というのを本書では細かく表現してくれています。特に学びとして得られたのは「まずは3日後に提出する」ことと「紙ファイルを活用する」ことの2点です。中間報告が大切だということは、業務をする上でプラザセレクトでも上司からよく言われることですが、「中間」という曖昧な表現を「とりあえず指示されてから3日後」と決めて動くことで、一旦自分の手元から作業を手放すこともできるし、上司とのコンセンサスも取ることができ、最終形への大きな時短になります。2つ目の「紙ファイル」ですが、プラザセレクトでも多くの電子データや電子マニュアルを活用しています。しかし電子には電子のデメリットもあるため、昔ながらのアナログを上手く併用することで、電子データだけよりも効率よく業務をすすめられるということ。実務でもアイデア出しや依頼書のラフ制作、指示事項のメモ取りなどは手書きの方が断然早く済んでいることを思い出し、使い分けの重要性に気付くことができました。本書全体を通して、上手に時短ができるコツは「自分から動く」ことが大前提にあるということも学びの一つです。「待つ」という時間は何よりも自分の時間を無駄にしますし、アウトプットも生み出さないので、自分で動く、自分から一歩踏み込んで質問をする。という社会人としての基本に立ち戻り、成果を伴った時短を実現していきます。

イベント行ってきました

マイナビ主催の転職フェアに出展してきました。有難いことに会社も毎年成長できており、今年は特に新しい仲間探しを頑張っています!フェアは予想していたよりもたくさんの方が当社の話を前向きに聞きに来てくださり、私も初めてのフェア参加でとても刺激を受けました。いつ新しい仲間が入社してくれてもいいように、社内の状態は万全にしていきます!

昨日は中秋の名月でしたが、あいにくの雨で満月を見ることはできませんでしたね。代わりでも何でもないですが、過ごしやすい日中にはカフェでお茶をしてきました。はやく県外にも気兼ねなく遊びに行ける日が戻ってきて欲しいです。

身近な生物

おっきな声で鳴いていた烏がいたので写真撮影。烏は一夫一妻制の鳥類なので、つがいがみつかれば非繁殖期も共に過ごす一途な鳥らしいです。真っ暗で賢いので少し怖い印象もありますが、近くに寄っても逃げないことが多いので、これからはもう少し観察してみようかな。と思った出来事でした。

再発見

徳島駅前付近に行った時、徒歩でウロウロした写真です。時間が早かったので人通りは少なかったですね。とは言え、徳島で生活していると「歩く」ということをほとんどしないので、普段とは違う視点で周りを見えて楽しい散歩ができました!これから涼しくなるので、もっと徒歩で出かけたいな〜と思います。

© 2021 PLAZA SELECT LTD.