次のページの見出し

読書レポート_三谷/No51

『人に困らない経営』 森本尚孝 著

創業70年の三和建設の4代目社長の著書。100年企業に向けて今なお成長している。その根っこが理念経営。それを実際に浸透させることで社員一丸となり素晴らしい会社に育てている。外部評価でも「働きがいのある会社」ランキングで5年連続受賞しているそうだ。「つくるひとをつくる」という経営理念をもとに全ての仕事や社内制度の価値基準が決まっていて一貫しているところが素晴らしい。誇りある仕事を社員にしてもらいたいという経営者の想いが見事に浸透して業績結果にも出ているようだ。本書の最後あたりにも『改めて理念経営とは何かと問われたら、「その会社らしさ」を貫くこと』とおっしゃられている。そして特に建設業は人が中心となる仕事であることにも注目し、だからこそ人に関してこだわることが本業の本質を追求するともおっしゃっている。社内制度などユニークなものがたくさんあるがそれらが理念から落ちてきて作られている点では、比べるのはおこがましいが当社も同じである。ただそれを多くの社員に長い年月をかけて浸透させ続けているところがすごい。当社の場合はまだ目が行き届く範囲の数の社員しかいないし創業丸6年。しかも創業者である私が率いているのだから血が濃い。ずっと貫くことの偉大さを感じる。理念を念頭に置いた経営は時々によって判断が難しい。それを軸に会社を成長させていくことに大変さを感じることもある。短期的に考えるともっと楽な方法はいくらでもあるからだ。理念経営はある意味で社長の行動を制約する。これは本書にも書かれているので同じことを思うのだと思った。私は長期的に物事を考えるという点を優先することを自身で戒めている。長い何月代を受け継ぎ、しかも理念浸透で社員が成長しながら働いているという三和建設さんのような会社があることは後発でそのような経営をしようとしている私には励みになる。100年続く企業を創ると決めたからには先にうまくできている企業から学びながら実現することにのみ集中する。

イルローザ岡田社長と対談した!

徳島では誰もが知るイルローザを展開している岡田社長と当社のメディア事業「徳島香川の情報発信メディアにある」の企画で対談しました!岡田社長とは学部は違えど大学が同じで年齢差も2歳差なので同じ時期に近くにいたということも今回発覚。親近感。対談場所はイルローザ様が運営しているおいしくてオシャレなカフェ、ペンフォーク。店員さんみんな感じいいしコーヒーもパンも美味しかったです!岡田社長の熱い想いが溢れている対談になり私もかなり勉強になりました!内容は編集してからになりますが、にあるサイトにアップされますから見てください。

猫も住処を探してる

朝晩が寒かったり昼は暑かったり日によって全く気候が違う日がありますね。少し寒めの夜、車の下に猫が隠れてました。暖かいのかな?野良の猫ちゃんも逞しく生きてるみたいだけど安住の住処を求めてるんだろうな。夜の猫を見て住宅という住処をご提供している自分たちの仕事の重要性を感じました。。

25年間ありがとう!

この写真とタイトルでパッとわかる人はわかると思います。とうとう観ました!そして青春と共に過ごしてきた大作が終わってしまった。僕が高一の時にアニメをしてて毎週水曜18時30分が楽しみでした。この日だけは絶対家に帰り、次の日の朝は学校で「昨日エヴァ見たか?」から会話が始まってた気がします。思春期の頃はこちらも不安定なのでかなり精神が持ってかれましたね。アニメも映画も全部観てきたので完結を観れて良かったです。長年の想いで泣けてきました。素晴らしい作品をありがとうございました!

今年も桜が綺麗だ

家の近くに桜が綺麗な通りがある。ふと車を停めて写真を撮った。時期的にもうすぐ散ってしまうかもしれないけど来年もいい気分で見られるように毎日を前向きに楽しく生きよう!

すき焼きを愛する男

創業メンバーであり僕の片腕としてなくてはならない存在の男と久々にサシですき焼き食べながら語った。彼はこの世の食べ物の中で一番すき焼きが好きな男だから。前からうまいすき焼き食わせろーって言われてたのですが、こんな世の中と業務優先を理由に1年越しで実現!第6期も彼のおかげで大きく成長できたのでその労いも込めて。創業した頃はよく二人でこんな時間過ごして話してたけど最近は減ってきてた。久々に楽しかったぜ。社長なのに社員から元気をもらえる幸せここにあり。

読書レポート_三谷/No50

『伸びる会社は「これ」をやらない!』 安藤広大 著

ビジネスにおけるマネジメントのやり方を識学という考え方に体系的にまとめた本。全てにおいて賛同できるかどうかは別として、共感できて必要だと思う考え方はたくさん学べた。当たり前の考え方をそのままマネジメントに当てはめているのでとてもわかりやすいが、当たり前すぎるがゆえにドライに捉えられ敬遠される考えもあるかもしれない。その中でもなるほどと思うところと、耳が痛いなぁと思うところがある。この部分が自分の弱いところなのだと認識できる。例えば部下の仕事に細かく口を出してはならないという点。以前に比べては言わなくなったと思うが、目に入ればどうしても言ってしまうことがある。この弊害はプロセスに口を出しすぎると、社員に社長が言ったからという言い訳の材料を与えたり、自分で考えて行動することができなくなってしまうこと。マネージャーならプロセスに付き合うことも大切だが、社長の立場の今は結果に着目した社員とのやりとりが大切だと改めて感じた。その他言葉の定義として「成長とはできないことができるようになること」とあった。部下を成長させるにはなにができないことかをまず認識し、それをできるようにすることが必要。そのような視点で社員ひとりひとりの成長をサポートしていく。マネジメントの参考になることが多く学べる一冊だった。

 

第6期社長賞おめでとう!

プラザセレクトグループ第7期が始まって約1ヶ月。ここで第6期の躍進に大きな貢献をした彼女に社長賞を贈呈!記念に残るトロフィーや他にもいろいろ特典満載です。世界中が混乱した時期だったけどその中で社内のありとあらゆる業務改善や新システム導入をはかり、自分の通常業務も合理化して平然とこなしている姿は恐れ入りました🙏その時だけではなく未来にまで繋がる新しい取組みへの挑戦や組織の生産性を高める仕事ぶりはすごい!おめでとう!!今年も引き続きお願いします。

ゴリ蔵課長がいろんなパターンに!

三村君が先週アップしてた『チョコ沢ゴリ蔵課長アイス』のいろんなパターンをコンビニで発見!早速三村君に写真撮って見せたら「何これ、知らんかった!」と驚いておりました。。ゴリ蔵課長に名刺渡されたらビビるわな。イカつい見かけなのに小鳥かわいがったり女の子に持ち上げられて喜んだりかわいいとこあるキャラやな。

© 2021 PLAZA SELECT LTD.