次のページの見出し

読書レポート_三谷/No54

『売上最小化、利益最大化の法則』 木下勝寿 著

本書は北の達人コーポレーションの創業社長が書いた本。東証一部上場の企業で営業利益29%を出す超高収益企業。それだけの利益率を出しながらも新卒初任給が日本で2番の高さ。よって人件費を減らして利益を出しているのではなく会社の運営を的確に行うことで利益を出していると言える。本書内で紹介されている利益の出し方や会社の運営方法、広告宣伝などのマーケティングの考え方、社員教育のやり方はとても参考になる。規模の大小にかかわらず、そして業種関わらずに学べることが多い一冊。私が会社を興した時から掲げている永続的な発展を図る企業にするということは木下社長も同様に「経営者の最大の使命は永続的的経営をに力を尽くすこと」とおっしゃられているので自分にとっては心強い。会社は絶対に潰さないために利益は絶対に必要。こちらでは「無収入寿命」を長くすることを最初に考えるべきだと書かれている。無収入寿命とは売上ゼロになっても経営の現状維持ができる期間を示す造語ということなのだが、この期間が長ければ長いほど経営者としては安心感がありいろんなことに挑戦できる余裕も生まれる。そのためにも数字でどれだけの利益を何年蓄積するのか、もしくは長期の借入で手元資金を増やしておくのかという計算が必要。まずは会社が潰れる可能性が最も低くなるような体制を整えることが経営を安全円滑に行う最初の経営者のやるべきことなのだと改めて見直せた。当社も最初は無収入寿命はとても短かったが今では突然売り上げがゼロになっても耐えられるだけの体力は徐々についている。具体的な目標数字を決めて会社の体力を作っていくこと、そしてそれを維持し続けることが私の課題。売上よりも利益が大事だと一貫しておっしゃられており、売上が上がると仕事が増えてリスクが増えるという見方をしている。だからどれだけ売上を減らして利益を最大にするかという着眼点で全てのことの判断がなされている。実際の職場ではとても生産性の高い働き方を従業員みんながしているのだろうと推察される。そのような風土と仕組みを作っているところが経営者の力量としてすごいこと。通常仕事は放っておくと経費が増えて仕事量が増える方向に進んでいく。軸をぶらさない経営は強いと思う。利益に繋がらない仕事を潔く止めて「それは利益に繋がるのか」と問いかけて業務改善を行う。これがうまくまわればとても働きやすい環境ができて物心両面が豊かになるだろう。本書にあることを一つずつ自社と見比べて真似できたり改善できるところを期間を決め一つずつ落とし込んでいく。

夏の遠足2021~パネルにはとりあえず行っとくか~

玉ねぎでブランディングして集客している南淡路。あらゆるところに玉ねぎがあります!目に入ったパネルを見たらすぐに駆け寄る二人。そして記念撮影!僕らの撮影後にうちの女性スタッフに「撮ったら」とお勧めすると「いえ、恥ずかしいので・・」のお言葉。。ということで撮ってくれませんでした。社長たちの行為は恥ずかしいことだったようです・・。いろんな種類の玉ねぎがあってどれも美味しそうだったなぁ。

夏の遠足2021~アジが捌けたぞ~

ワイワイしながら捌いたアジを持って記念撮影!お店の人に褒めてもらえたし思ったより簡単にできたなって感じ。女性陣は包丁入れたところの身がもっと平らで綺麗にできてたなぁ。コツはつかんだから今度お家でもやって腕を上げよう!

スーパーホテルでおいしい朝食

先日縁あってスーパーホテルさんに泊まりました。綺麗なお部屋と温泉がついてて快適だったなぁ。そしてなんと言っても朝食が美味しかった!パンがめっちゃ美味しくてこのあと朝一なのにおかわりしてしまった。朝から優雅な朝食で気分良しでした!

Kindle便利

最近の読書はKindleが普通になった。本よりも軽いし薄い。しかもたくさんの本を持ち運べて欲しい本が有ればその場で買ってすぐ読める。線引いたりメモ書いたりも簡単にできるしそれを検索することもできる。最悪Kindle端末持ってなくてもスマホと同期してるからこれまたどこでも読める。いいことばかりだ。おすすめです!

白桃いただいた!

ビジネスパートナーさんから白桃いただいた!めっちゃ美味しそう。とってもいい香りです。これから実食。口に入れるのが楽しみだなぁ。おいしいもの食べてる時って人生の最上級の幸せな時間だと思う。ありがとうございました!

読書レポート_三谷/No53

『教養としての投資』 奥野一成 著

全国にある農協が集めたお金を運用するのがその上部団体である農林中金。その中で農林中金バリューインベストメンツ株式会社という法人を作って長期投資を専門に行っているのが著者。よく見るデイトレーダーのようなことをやっているのではなく、世界中の企業を選別して買ったら売らないを原則として株式投資をしている。基本的に経済成長している前提なら株式はずっと持っていたら価値が上がる。あとはどこの会社の株を買うかという問題だけだ。事実ウォーレンバフェットの投資もその基本姿勢で行われているのはよく知られている。著者もバフェット氏から大きく影響を受けているようだ。私自身も投資には興味があり個人的にもしている。だから投資の考え方としては非常に学びの多い一冊だった。同時に私は経営者なのでこのように世界中の企業を見定めている人はどのような企業が将来性があり利益を上げ続けていくと判断しているのかという視点を学べば自社の成長の役に立つと思った。そして投資とは何かというそもそもを学ぶことは経営にも役に立つ。著者も投資の定義を「時間と少しばかりのお金を有効に配分して、自分という道具を磨き、自分よりも優秀な他人を働かせる。これが投資です」と述べている。まさしくこれは経営そのもの。そして経営者は同時に投資家であるとも言っている。「経営」と「投資」を切り分けないことが大事だと。松下幸之助や本田宗一郎などは経営者として偉大な人と伝えられているが同時に投資家であることはあまりしられていない。しかし自己資金や借り入れで設備投資を人材投資をして未来の経済環境や景気動向を見通しどこにお金を使っていくのかという判断をしている。これはまさしく投資。やはり投資家の目線があるのとないのでは経営者として大きな差がついてしまう。投資をしなければ事業は育たないからだ。また利益とは「お客さんにとっての課題を発見し、その代を解決することで得られる対価」なのだから利益が上がり続けるということは人々が抱えている課題をどんどん解決しているということと定義している。そのようなことができる企業に投資することは大前提としてさらに「高い付加価値」「高い参入障壁」「長期潮流」の3つの要素を持っている会社に投資しているとのこと。逆を返せばこれら3つを押さえている企業は長期的に伸びていくということだ。自社がこれら3つの要素を捉えて事業をしているかという点検が必要。そして経営者として将来の決定をを行っていくうえでこれら3つを実現できる事業構造を作っていくことが大事だ。判断の基準として今後留めておく。

こだわりを感じる

食事に行った時のこと、刺身と一緒に出てきたすだちが見事にカットされてた。まるでテトリスのようだ。。一つずつこんな手間をかけて出すこだわりを感じます。お客さんがおー、これすごいなってなる瞬間を創り出してるプロの仕事だ!

和田の屋さんに招待してもらった!

徳島眉山の麓にある和田の屋さん。やき餅が有名!やき餅は僕が今まで食べた和菓子の中でトップと言っても過言ではないおいしさ!そして夏真っ盛りの前にかき氷もいただきました。美味しそうなかき氷などよだれが出そうな食べ物写真は社員がアップすると思います。店先で彼らはとても満足そうでした。おいしかったです、ありがとうございます!

© 2021 PLAZA SELECT LTD.