次のページの見出し

ホラー映画に出てきそうな人形

とても美味しいラーメン屋さんの入り口に設置されていた人形。リアル感が凄すぎてびっくりしました。今にも動きそうでビクビクしながら写真を撮りました。夜になると動きそうです!

御神木

こんぴらさんの参道にある金陵の郷で一息!樹齢は鎌倉時代からだそうです。写真では伝わり難いですが、とても歴史とパワーを感じました。こんぴらさんに行った際は、金陵の郷にも立ち寄ってみてください!

冬の遠足2021~時代を感じる~

ロケ中の写真も展示されていました!写真の画質も今と比べると粗いですが、時代を感じることが出来て良い経験です。昔に比べると本当に便利になったことを痛感します。様々な方々が生涯を通して人々の生活がより便利になるようにとイノベーションを起こしてくれたことに感謝です。

冬の遠足2021~ロケセット見学~

観光交流館の中には実際にロケで使用されたセットや、初めて見るような映写機が展示されていました。写真は『世界の中心で、愛をさけぶ』のロケ地決定のきっかけになった映写機だそうです。使い方は全く分かりませんが、映写機が現代ではプロジェクターに進化したという事が、技術の発展を感じました。

読書レポート_佐藤/No31

未来に先回りする思考法  佐藤航陽 著

目覚ましく変化する現代。次々に出てくるブームなどに驚かせれてばかりなので、この著書を読んで何か勉強出来るかなと思い手に取ってみました。私自身、最先端のテクノロジーになかなか敏感になれておらず一般的に広がってから認知するということが多いです。最近ではNFTが話題になっていますが、先見の目を持つ人はどうやって未来を先読みしているのか疑問がありました。この著書では大前提で「未来を先読みすることはできない」と書かれています。しかし、テクノロジーが発達し、あるものが急に便利になるのではなく、そこに目を付け一工夫加えることによって、画期的なイノベーションが起こるということです。なので身近にあるものにもっと目を向けるという事が大切です。機械化する人間と、人間化する機械という話も著書にありましたが、まさに映画のターミネータのような世界が将来的に実現するかもしれません。小さな可能性に対して当たり前というような価値観で物事を見るのではなく、多面的に考え変化に柔軟に対応できるようにしていきます。

ボジョレ・ヌーヴォー2021

毎年のこの時期の楽しみ。今年のボジョレの味はどうだとか、特によく分かりませんが毎年購入して雰囲気を楽しんでいます。美味しかったです!来年も楽しみです!

大窪寺

四国八十八ヶ所の最後の霊場。紅葉がとても綺麗で人気のスポットです!お店もあるので、とてもいい匂いがしました。まだ来るには少し早かったですが、秋を満喫出来ました。

ジャンボ梨

徳島県産のとんでもないくらい大きな梨!!こんなに大きな梨は初めて見ました!!写真では伝わり難いですが、とにかく大きいです。こんなに大きいのでそれほど甘くないのかと思いましたが、十分過ぎるくらいの糖度でした。

読書レポート_佐藤/No30

人生の教養が身につく名言集  出口治明 著

著者はライフネット生命保険株式会社の創業者。還暦を過ぎてからライフネット生命を創業して成功を収めたという経歴があります。一般的には歳を重ねる度に新しいことに挑戦する気持ちが減ってくると聞きますが、著者は還暦を超えてからということなので挑戦に年齢は関係ないんだなと感じました。著書については世界のさまざまは偉人の残した名言をテーマに解説されています。中でもいくつかの名言が心に残りましたが、その中でも『「人間には学ぶ方法が3つある」ということ。 それは、人、本、旅の3つである。』という言葉です。シンプルな内容の言葉ですが、忘れがちなことだと思い印象に残りました。人と話すときに自分の話ばかりするのではなく、相手の話を聞くことに徹することで学べる事はたくさんあります。本を読むことで先人たちの経験や考え方を時代を超えて学ぶことができます。本で学んだ内容を友達と話すことでアウトプットに繋がりより理解を深める事ができます。また友達が学んだ本の内容も聞くことができ一石二鳥になります。旅についても初めて見るもの、体験するものなど実際に体験してみないと分からないことはたくさんあります。そういった経験にお金や時間を投資して更にさまざまなことを学んでいきたいと改めて感じました。そして著者と同様、何歳だからといった理由で諦めるずに年齢に関係なく貪欲に挑戦していきます。

© 2022 PLAZA SELECT LTD.