次のページの見出し

冬の遠足2020~阿波木偶~


『あわでこ』と読むらしいです。一般に使われているものより少し顔が大きいそうです。かつて野外ステージで上演が行われていたため、遠くから人形の表情が見えやすいようにやや大きめで作られているそうです。ものづくりが地域性に左右されるというのも歴史ある文化ならではですね。

© 2021 PLAZA SELECT LTD.