次のページの見出し

読書レポート_三谷/No46

『1%の努力』 ひろゆき著

誰もが知っている2チャンネルやニコニコ動画を開設した著者。現在はパリに住んでいらっしゃる。とにかくゆるい感じで物事を見ている。一生懸命するなどとは逆で自分のやりたいことだけをして楽に生きていくことを実践している方だ。熱血ビジネスマンからすると真逆の存在。しかし誰もが知るサービスを世の中に生み出したという点を見れば、一生懸命や努力など日本人が美徳とするところが成功要因でないこともわかる。本書の最初に書いている言葉は「サボる才能はあるか?」である。プラザセレクトも仕事を極限まで減らし、それでも同等かそれ以上の成果が出るような仕組みを作ることを評価される会社だ。同じ成果なら一生懸命夜遅くまで仕事をしているよりは暇そうにしている人を高く評価している。だから業務時間内でも自分の任務を完遂しているならば、帰りたければ帰ればいいし、来たくなければ来なくていいという経営方針だ。これはとても自由でいい会社に聞こえるが、実際自立できていない人や自分の頭で考えることが苦手な人には最初は結構大変だという側面もある。だが自分の人生を楽しく生きるためには自分で好きなように自分の人生をコーディネイトするほうがいいと私は思う。その自由のための余力と時間確保のために、どれだけ楽をして成果を出すかというところが大事。よって当社の考え方に著者の考え方はよく似ていると感じた。エジソンの言葉が例にあった。「99%の努力と1%のひらめき」だから努力は大事という話だが本当の意味は違うらしい。「1%のひらめきがなければ。99%の努力は無駄になる」という現実的な言葉のようだ。たしかに勉強や研究を誰にも負けないくらいやっても、そもそも「光る球」を作れば生活が豊かになるぞというひらめきが最初になければ電球は完成しない。いくら勉強や研究という努力を積み重ねても不十分だ。ひらめきという目指すゴールがないのにできるはずがない。私は努力の定義が明確になっていないことが、日本人の努力が美徳という概念になってると思う。努力とは成果が出るようにすることだ。成果が出たからこそ今までの過程を周囲が努力と呼んでくれる。残念ながら成果が無ければそれは努力として認められない。そして意外と努力家の人は周りが思っているほど努力しているという自覚がない場合も多い。それは自分でそれを受け入れ楽しんでいるからだ。無駄なことはやめて、本質的に成果が出ることに集中するようにしよう。

プラザセレクト農業部/第2回目の活動

「自分たちで作ったものでピザ作ろうぜ企画」先月発足したプラザセレクト農業部(有志のみ参加)の第2回目の活動してきました。この前植えたニンニクが芽を生やしててテンション上がった。今回はイチゴ、セロリ、大根、人参、そら豆、ほうれん草植えて、だんだんピザの具じゃないのも植えはじめてます。みんなで土いじってワイワイ楽しいなぁ。せっかちな性格発動で植えたばかりだけど早く収穫したい!

青空の下のクリスマスツリー

戸建プラザ徳島店の前は交通量が多い道路。みんなに見えるよう季節の置物を飾ってます!先日12月に向けクリスマスツリーを設置。夜はライトアップされて綺麗ですよ。でもここ数日は暑い!体感気温とツリーが合ってないけどこんな年もあるよね。青空がとても綺麗な日でした。

COOKING~しっぽくそば・多田家の唐辛子を添えて~

多田君が自宅で栽培した赤唐辛子をすってきてくれたのでこれを使うためにしっぽくそばを作りました!高松生まれの私は年越しそばもしっぽくだった。しっぽくうどんは香川県の郷土料理らしいね。私はこのそばが好きで年末年始は年越しそばだけでなく年越したぜそばとしてもおせち料理はほとんど食べずにこればかり食べてます!ということでそば完成。多田特製唐辛子をかけて食べるとかなり美味い。しかしこの唐辛子はかなりの辛さでびっくりした。これがまた旨味を引き出してる!ありがとう多田君。

新たな挑戦を始めました!

嬉しそうにお揃いの服を購入して記念撮影!新たな挑戦を前にワクワク状態の3人。なんとこのあと農業に挑戦しました!ビジネスは抜きにしてまずはやってみようってことでスタート。第一回目は土を耕しマルチ張って、玉ねぎ、にんにく、バジル、アスパラガスを植えてもうヘトヘト。やってみるとわかることもある!『自分たちで作った作物でピザを作る』が目標の部活としてプラザセレクト農業部がスタートしたのでした。詳細は作物ができ始めたらまたアップしよう。

COOKING~豆ごはん・いただいた丹羽黒大豆を使って~

私個人のフェイスブックやツイッターには紹介させてもらったのですがDAYSにも!毎年ビジネスパートナー様が丹羽黒大豆を新鮮な枝付きの状態で送ってくれます。これがかなり美味しくて毎年楽しみにしています!そこでその豆を使って豆ごはん作りました。これだけで何杯も食べれてしまう。。塩と酒と昆布を混ぜて炊飯器で炊くだけの簡単さ。いつもありがとうございます!

読書レポート_三谷/No45

『ヒトモノカネすべてうまくいく会社をつくる』 奥ノ谷圭祐 著

経営者となって7年。本書のタイトルにあるようにヒト・モノ・カネの3つが常にキーワードだ。良い時もあれば悪い時もある。それらを突き詰めれば全てここに行き着く。特にヒトとカネである。本書は短パン社長で有名な奥ノ谷社長が様々な経営者の悩みに答える形式の内容。私自身が心を病むほど悩む性格ではなく決断を早くしてやると決めたら即行動に移すことを大事にしている点と、自分の決断で決めたことの結果は良くも悪くも潔く前向きに受け止めるという生まれながらの性格が功を奏して経営者に向いている性分なのだと自分で思う。多くの経営者の悩みに答えている本書で私も共感できるところが多々あったしなるほどと思うところも多くあった。詳細は個々にあるが一貫して「前向き」である。そして「楽しい」という感情を大切にしている。さらに「信じる」という人としてのまっすぐさを感じる。たぶんこれらがそろっていたら山あり谷ありの経営でも最終的に何とかなるのではないだろうかと思う。これらはプラザセレクトの経営にも多く反映されている部分だ。当社は「やりたくないことならやらなくても成り立つ方法を考えよう」「自分たちらしさを大切にしよう」「できる方法を考えよう」「大変な仕事でも楽しもう」という風土を持っている。社員個々の性格によってこの感じ方には開きはあるかもしれないが会社のスタンスはこの通りだ。「やってみようぜ」と興味があることはやってみる。直接利益に繋がらなくてもそれで学ぶことは多いしその経験はいつかどこかで何かの役には立つはずと信じている。それで私や社員の人生に彩りが加わったらそれでいいではないかと思っている。会社とはただの器だ。その器を使って私や社員、またお客様や関わるビジネスパートナーの人生が少しでも満たされれば価値があると思う。その価値を最大限高めることができると多くの人ににこっとしてもらえるはず。そういう想いで会社経営をしているのでアプローチの細部は違うことがあっても前向きに、楽しく、人を信じて経営されている著者への共感と共に私もこのレベルまで広い器になれるよう成長していきたいと思った。社長という肩書の前に人として魅力的な人になろう!そう思える一冊だった。

一年経った男は活躍している!

あれよという間に一年経った多田君は技術担当として大活躍の一年でした。一年記念日のお祝いに酒好き男に自画像イラスト入りビールジョッキをプレゼント🍺にこっとしてくれたようで俺も安心!そして「肉食べたい、でも胃もたれ嫌」という内臓が弱くなり始めるくらいの歳の大活躍男が言うので熟成肉をご馳走🥩ワイワイ話せて楽しかった。これからも一緒に歴史を作っていきたいいい男!これからもよろしく。

© 2020 PLAZA SELECT LTD.