次のページの見出し
2020.08.09 Sunday | Message

強みの認識と強みの活用

こんにちは。
プラザセレクトグループ代表の三谷です。

個人も会社も自社の強みをよく理解できていないことがあると思います。しっかりと自分の強みを認識できていればあらゆる行動根拠がしっかりしてくるはずです。逆に自分の強みを認識できていなかったら最強の武器を使わずに戦っているということになるので力を発揮できていないということになるでしょう。

仕事で外部の方から営業をされることが多くありますが、自社の強みを明確に話せる人は少ない印象です。同時に個人の強みも明確に伝えられている人は少ないです。自分(自社)の常識や当たり前は他人(他社)のそれとは違うことがあります。その違いを明確化して認識と言語化が必要でしょう。

自分たちが「普通」と思っていることが「普通ではない」場合があることを認識しないといけないですね。それができていないとお客様に対してのご提案やサービス提供の場面で、こちらが当たり前と思ってやっていることが相手からしたら嫌な気分にさせることもあります。たぶん皆さんも日常生活で「専門的で説明の意味が分からん」「なんか感じ悪いな」「えっ!それだけ。もう少し対応してくれないとこっちは素人だから自分でするのは大変だろ」と感じたことがあると思います。これってその人の対人スキル問題の場合もありますが、その業界ではそれが普通だったりしているのかもしれません。我々の業界でも古い会社はいまだにFAXが通信手段の主力だったりします。今の時代ならメールやチャットで一発なのに、こちらとしてははっきり言ってとても面倒で時間がもったいないと思います。しかし相手の常識がそれでそう対応されたら仕方ない。この文章を見て「いまだにFAX?」と思う人もいるでしょう。それが自分の今いる場所の当たり前や常識の違いです。

業界の常識のような話になってきましたが本論は「自分の強みの認識」です。本論に戻すと、上記の逆で自分たちが普通と思っていることも他の人から見たらすごいことである場合があります。そこに着目して自分たちでは気付いていない長所を自己認識する事は自分(自社)の強みを最大限に生かすことに繋がります。自分たちがやっていることを外部から見てもらってすごいと思うところを教えてもらうことが必要です。そうしなければなかなか自分たちの強みを認識することは難しいでしょう。なぜなら自分たちはそれを当たり前のように日常でやっているのでそのすごさに気付いていないからです。そういうプロセスを経て自分たちの強みを研ぎ澄ましていく、逆にそれはおかしいぞって思われるところは教えてもらって謙虚に素直に受け入れて改善することが必要。まさしく「いつまでFAX使うのよ」ってことです。

このような強みの認識と活用は個人ではもっと楽な生き方の実践、会社では強い組織、強いチームを作ることに大きく寄与します。正確に言うとそれは突然強くなったわけではなく自己認識によりその強みを最大限に生かすことができるようになったということです。潜在的なポテンシャルの発揮ですね。自分たちの当たり前は当たり前と思ってはいけません。それを認識しましょう!

そしてもしかしたら自分には長所も強みも何もないと思っている人がいるかもしれません。でもそんなことはありません。必ずあなたにも長所や強みはあります。どんな人間にも必ず長所と短所があるのです。すごい人と言われている人にも短所ありです。それは強みが表に出過ぎていて短所が見えにくいだけ。また俺には短所なんかないぜと思っている人の場合は、自分は完璧にできているつもりでも短所は必ずあります。そこは他人に迷惑をかけるほどのことなら改善して、それ以外の小さなことははあまり気にせず長所のほうを研ぎ澄ますことに力を入れたほうがいいと思います。短所があったとしても長所が突き抜けて、研ぎ澄まされていればその短所は人間味になります。完璧な人だなぁとちょっと近寄りがたい憧れの人がお茶目なことをしたらなんだか親近感がわくでしょう。そういうことです。

「強みを認識することで自分をさらに活かせる」「自分の常識は他人の非常識」「長所を研ぎ澄ませば短所は人間味」これが今回のキーワード。
自分や会社をもう一度見直すと、すでにたくさんの魅力を持っているはずですよ。

© 2020 PLAZA SELECT LTD.