次のページの見出し

読書レポート_佐々木/No.45


『心配事の9割は起こらない』枡野俊明著

禅の考え方というと禅問答という言葉があるように難しい話というイメージがありますが、本当は身近な生活に根差して毎日を充実させて生きる考え方が禅の在り様とあります。書籍のタイトルにある心配事は常日頃発生しますし、私自身も心配性なところがあるので結果何事もなく終わること周りから「気楽にいけよ」と言われても考えてしまい他事に頭が回らなくなる時も多々あります。しかし心配事というのはまだ起こってもいないことに捕らわれ、問題や状況を客観視して見えていないことのようです。周りにとらわれず「いま」に集中する、これは今の環境や情報など様々なことに当てはまります。禅の中に「大地黄金」という言葉があり、黄金の大地はどこかにあるのではなく今ある環境や状況で精一杯やることで自らの周りが黄金のように輝いてくるという意味です。やりたくないと後ろ向きに考えるのではなく、前向きに考え進んでいくことで自分の状況が充実していき心配事が減ってきます。どれも当たり前に思うことかもしれませんが、実行し自らのものとできるのは意外と少ないです。書籍を読み進めていく中で身になることや、そうだよなと思い話もありました。知識として禅という考え方を学ぶ以上に、人生を豊かにする為により自分の中に落とし込んで実施していきます。

© 2021 PLAZA SELECT LTD.