次のページの見出し

読書レポート_佐々木/No.39


『スマホ人生戦略』堀江貴文著

スマホは多くの人が持っている機器だが、本当に使いこなせている人は少ないとある。この書籍にある使いこなすとは便利な機能や特別な使い方を知っているかではなく、考えや行動を加速させるツールとして利用できるかである。そしてその使い方次第でスマホは身体拡張の役割を担うことができる。要はスマホで答えを探すのではなく、何をしたいのかや目的が先にあり、その為に必要な情報をインプットしたり技術を身に付けることが大事なのだ。他の事でもそうだが目的もなくセミナーを受けたり自己啓発の本を読むだけでは意味がないのと本質的には同じで、目的や目標がある上で道具や勉強が糧となる。その方法として最も効率よく効果的なのがスマホを活用しているだけのことなのだ。このような本質として物事の概要を理解することが肝心である。概要とは基本的な仕組みや成り立ちの事だが、これを理解することで将来の予測を立てられたり、他の情報を組み合わせてアイデアが生まれる。今手元にあるスマホをどう活用すれば効果的か考え、仕事の質を高めていく。

© 2020 PLAZA SELECT LTD.