次のページの見出し

読書レポート_佐々木/No.38


『結果を出すリーダーの選択』上田比呂志著

リーダーになるという事は責任もやることも増えるが目標を達成した時には喜びが大きいものがある。それには部下を育てて結果を出す必要があるとあった。しかしただ指示や命令を与えるだけでは結果はついてこない。それではやる気を削がれたり成長できずになってしまうという問題もある。ではどういう判断をすればいいのか、それはテクニックなどに頼るのではなく、まずどういう心持ちで仕事をするのかが大事になる。相手も人である以上は考え方や価値観も同じではなく人それぞれである。それらをまず話を聞き理解して自らの立ち振る舞いを柔軟にする必要がある。言われれば確かにそうだが、いざ実際の場になると自分の考え方ややり方が先に立ってしまう。感情的に考えたり、自分が正しいと思うのではなく相手とコミュニケーションを取りどうすれば良くなるのか冷静に考えていくことが必要だと感じた。結果を出しつつも自分も相手も成長していくような方法が出来るよう目指してやっていく。

© 2020 PLAZA SELECT LTD.