次のページの見出し

読書レポート_藤井/No43


『うまくいったやり方から捨てなさい』 著 椎原崇

「自分をここ(現在)まで連れてきてくれたものが、そのままゴール(未来)には連れていってくれない」という見出しを読んで、「そうなんだよな・・」と痛感したところからスタート。筆者は中卒でパチプロになりそこから飲食店を起業。がむしゃらに働く社長から「任せる社長」にステージを変え、更に売上を伸ばしていった経歴を持ち、その成功の秘訣は「捨てた」ことにあると語っている。人間はそもそも変化を嫌う生き物なので、今までのやり方を捨てたり変えることには当然拒否反応がある。それはそれとして考え、「自分が嫌だと思う」ことと「もったいないから」という気持ちで取り組んでいるものは秒速で捨てるべしと断言している。成長するためにはアウトプットが何より大事であり、その為にはインプットが必要になり、インプットするためには脳内にも具体的な時間にも余力がないとできない。そのために前述の2つに当てはまるものはすぐさま捨てるべきだという考え方だった。「もったいないから」という思考はしばしば自分でも抱いてしまうと感じた。「これまで上手くやってきた方法を捨てるのはもったいない」という風に考えてしまいがちである。だが「もっと成果をだしたい」「楽に儲けたい」と考えるならば、この時点でそれまでのやり方を0に戻し、今まで選択しなかった方法を取り組まなければいけないと身に染みて学ぶことができた。成長とはイコール変化である。という言葉の通り、日々何か一つでも昨日までと違うことに取り組んでいく。

© 2020 PLAZA SELECT LTD.