次のページの見出し

ビフォーアフター

少し前から気になっていたフライパン裏の汚れ。100円ショップで便利グッズを発見したので早速試してみること10分。。。見違えるほどに綺麗になりました。予想以上に綺麗になったので思わず写真を撮ることに。100円ショップのグッズ恐るべきです!

少し早めの雛人形!

戸建プラザ徳島店では少し早めではありますが、雛人形を設置しております。大きさは小さいですが、細かなところまで可愛く作られています!雛人形の本来の目的は厄災の身代わりになってもらうという意味があるそうです。今年は私自身厄年なので、店舗だけではなく自宅にも飾って守ってもらおうと思います。

お土産。

先日友達から私好みのお土産を頂きました。何気ない会話でモンスターエナジーが凄く好きという話を私が以前していたのですが、その一言を覚えてくれていてハワイ限定商品を購入してくれていました。あとカロリーオフまで気遣ってくれていました。。。普段の会話から相手に喜んでもらえる機会を創ることができるので、会話の重要性を再認識しました。これからも日々の会話を大切にし、人を笑顔にできるように務めていきます!

読書レポート_佐藤/No10

『仮説思考』 内田和成 著
仮説思考とは物事を答えから考える。とこの著書では定義付けられている。仕事をしていると様々な問題に直面することがある。問題をより早く解決する為には仮説思考が必須ということを改めて勉強することができた。問題を解決する為にただがむしゃらに努力するのは時間や労力の無駄に繋がり、間違った努力となってしまう。そうではなく、まず問題本質を考え今ある情報で検証し問題が間違っていなければ次に、問題解決の為の仮説を立て検証していくことが正しい方向に進む為に不可欠になってくると思う。このプロセスをより早く行うことも同時に重要な課題となる。早く走るのではなく早く始める事によって、もし仮説が間違っていれば初期段階で間違いに気づき軌道修正することができ進化した仮説をもう一度早い段階で立てれる事ができる。まずは仮説思考を無意識でも考えれるように日常的な問題から訓練していく。これから実践していくなかで印象的な言葉があった。それは「平凡から抜けだすには、失敗してみるしかない」という言葉だった。何事も失敗から学べることが多いので、失敗を恐れず挑戦していく。そして失敗した時には絶対に何かを掴んで立ち上がり今後の成長に繋げていく。

念願の『あ〜ん』

昨日3ヶ月に1度の懇親会がありました。今回は新しい仲間も増え賑やかな懇親会となりました。色々な話の流れから三村さんが『あ〜ん』欲求があることが判明。今回の被害者は佐々木信さん。今後、恒例行事になるかもしれないので必ず確認お願いします!

ありがとうございます!!

施主様検査の際にお客様からバームクーヘンをいただきました。完成した建物を見て凄く喜んでいただけたので、これからも頑張るパワーをいただきました。内装はお客様のこだわりが形となり、凄くかわいくオシャレなお家になっております。そして今回いただいたバームクーヘンから新たな発見がありました。それは電子レンジで温めると作りたての味を楽しめるということです。甘党の私からすれば堪らない味で、美味しくいただきました。本当にありがとうございました!

正月太り解消!!

正月太り解消の為に先週に引き続き、今週も山に走りに行っていきました。日頃の運動不足のせいか100m程走るとすぐに息切れに。。。日頃の運動不足を感じます。何事も日々の積み重ねが大切ということを再認識しました。1月31日までに〇〇kgまで痩せる!数値目標を立て、行動計画に沿って結果にコミットするようにします。

初詣&昼食ご馳走会に初参戦

思い返すとプラザセレクトグループに入社してからはや一年。入社して初の正月ということで、恒例行事に参加させて頂きました。年初めから贅沢で美味しいお肉を満喫させて頂きました。社長ご馳走様です!

読書レポート_佐藤/No9

『社員心得帖』 松下幸之助 著
著者は経営の神様と呼ばれパナソニックを一代で築き上げた経営者です。今回の『社員心得帖』は企業組織の中で生きていく為の心構えについて書かれています。その中で特に印象に残った内容は、「信用される第一歩は」について部分です。本書での例として、上司が人と会うアポイントの予定があったが、都合が悪くなり明日に予定を変更して欲しいという内容を部下に電話で相手に伝えて貰うという例があります。部下は指示通り相手に電話すると思いますが、電話をした後に上司に「先ほどの電話かけておきました。先方さんもそれで結構だということでした」と報告があるのとないのでは大きな違いがあるということです。部下にとっては些細なことですが、報告がなければ上司からすれば忙しい中で電話の結果を気にして仕事をするということになってしまいます。すぐに「問題ありませんでした」と報告することにより、上司も安心できます。日常的なたった1つの例ですが難しい仕事が出来るより、平凡なことを着実に積み重ねて行くことで少しずつ信用に繋がると思います。信用というのは一朝一夕で築けるものではなく、何年という歳月をかけて少しずつ築いていけるものなので、日々の小さなことから相手の立場に立って気持ちを考え、業務に取り組んでいきます。

© 2020 PLAZA SELECT LTD.