次のページの見出し

祝!地鎮祭

高松市のとある現場で地鎮祭を執り行いました。コロナの影響などもあるかもしれませんが前と比べると地鎮祭をされる方が減っているイメージがあります。おおよその方が人生で1度の体験になるであろう地鎮祭。お家を計画されている方は是非されることをお勧めします。

カステラ

本日は年に数回あるかないかの西讃へ用事のある日でした。2,3年ですか、勤務したこともあるので土地勘も凡そあります。懐かしいところでランチを食べて、甘いものが欲しくなったのでこれまた懐かしい洋菓子店でカステラを購入。ちゃんと女性陣には土産として買って帰りました。新しい店も多くありだいぶ風景も変わっていたのでたまにはドライブがてら行くこともいいかもしれません。

茶室のある家

和室のある家は数あれど茶室のある家は今まで建築したことがありませんでした。小ぶりながら筧と蹲もあり趣を感じる空間です。もうすぐ完成なので非常に楽しみです。

新屋島水族館

高松に住んで10年以上経ちますが、行ったことのなかった新屋島水族館へ。平日の夕方前だったのでイベント事はあまりありませんでしたが、イルカショーや餌やりなど鉄板のものはあったので楽しめました。また意外に人も多く賑わっていました。写真はマナティと娘。国内にも数頭しかいない絶滅危惧種に指定されているマナティ、めっちゃでかかったです。

読書レポート_大瀧/No44

『感情を整える』著 桜井章一 麻雀で20年無敗の桜井章一が勝負の世界でいかに負けることなく感情をコントロールしてきたか、勝負の世界で培われた言葉が刺さる一冊。多くの名言があるが一番心に残ったのは「満足」より「納得」というフレーズ。満足を追えば瞬間的に満たされることもあるが、完全に満たされることもなく更なる満足を追い続けていくことになり、生きている限り終わりがない。但し納得に軸を置いた生き方が出来れば、人生に手ごたえを得ることが出来る。勝負でいえば結果ではなく、その過程である戦い方。生活や仕事であれば目的や目標だけを追いかけるのではなく、その小さな1つの過程に納得のいく行動を重ねるということ。人間の特性上、欲が消えることはないだろうが、生き方の軸を満足から納得に変えることで良い方向に向かっていくと思うので、納得の出来る選択をしていくよう心掛ける。

ジャン麺

ご飯とあうラーメンがコンセプト、高知四万十発祥のジャン麺。こちら高松で食することが出来ます。開店した時以来2回目の訪問でしたのでメニューも少し変わっていましたが、迷わずジャン麺とライスを注文。やはり鉄板の美味しさです。寒い季節が近づいてきたのでラーメン率が増えそうな予感です。

もうすぐハロウィン

いろんな店でハロウィン仕様が目立ってきました。10月31日がハロウィンなのであと1週少々。特段何をするわけではないですが、お店の飾りつけなどで賑わうのでこういうイベントは良いですね。

リラクス郷東町Ⅰ

10月末完成に向け工事中の”リラクス郷東町Ⅰ”。この物件は中2階にワークスペースがある家というコンセプトなのですが、棟上げしてから現地確認したことがなかったので、近くを通った際に寄ってみました。まだまだ完成には程遠いですが、なんとなくのイメージは分かって良かったです。いい感じっぽいので完成が楽しみです。

いただきもの

先般お引渡しさせていただいたお客様よりスタバカードをいただきました。コーヒー好きな私からすれば非常にありがたいもの。このお客様は打ち合わせから含めてもずっとスムーズに進んだ方で建物に関しても非常に満足をいただきました。お引越しは少し先とのことなので、住み心地の感想を改めて聞こうと思います。ありがとうございました。

© 2020 PLAZA SELECT LTD.