次のページの見出し

読書レポート_多田/No15

『最強の体調管理兼』中根一著

著者は鍼灸師で、東洋医学からみた体調管理について書かれています。本書の中で人は老け込みによりパフォーマンスの質が下がるとあり、一般的に人が老け込みを強く意識するのが40歳前後になって肌ツヤが悪くなり、疲れがとれにくく、寝つきが悪い等の症状を自覚しはじめたときとありますがまさしく今私も感じている事です。加齢により代謝が下がり気や血液などの巡りが悪くなることで疲労物質という燃えカスがたまり、さらに循環しなくなるという悪循環に陥ります。その悪循環を断ち切る方法を紹介していますがその中でも休息法に目がとまりました。体の衰えを感じ始めたら運動よりも休息の見直しが必要とあります。普段休日には趣味の事をしたりして過ごしていますがそれは本書でいう休息ではなく、活動スイッチを完全にOFFにした気力と体力を回復させる休息が必要とあります。休日に活動する事も多いですが気分転換と活動スイッチを切った正しい休息を取り、老け込まない体調管理を行っていきます。

打ちっぱなし

久しぶりにゴルフの打ちっぱなしに行ってきました。天気も良く汗が出るほどの暖かさでした。久しぶりにしては弾道はいいもののスイングの時におなか周りの肉が邪魔になる気が。。。最近不摂生な生活をしていたので規則正しい生活を心掛けます。

雪化粧

朝外に出ると一面雪で真っ白でビックリしました。春の訪れを感じていたのに一転冬に逆戻り。暖かくなったり、寒くなったり体調管理が大変ですが風邪をひかないように気をつけます。

プラザセレクト農園

久しぶりにプラザセレクト農園に行ってきました。大根の写真ですが寒かったせいかあまり成長していませんでした。かなり密集してるので間引きが必要ですね。次回は間引きとじゃがいも植えに行ってきます。

立春

今日は二四節気において春の始まりとされる立春です。日も長くて、家に植えている梅の木も三分咲き程で目でも春の訪れを感じました。四季の移り変わりを感じる良い休日になりました。

読書レポート_多田/No14

『一番伝わる説明の順番』 田中耕比古著

日常業務の中で業務内容や進捗の報告、指示など物事を説明する事が多くあり、説明を相手に理解してもらう事は仕事の基本動作だと言えます。私自身説明があまりうまくなく、伝えたつもりが正しく伝わっていない時があります。どうすればわかりやすく伝えられるか。本書の中に相手の知りたいことを明確にするとあります。こちらが伝えたいことを一方的に話すだけでなく、相手が聞きたい情報、求めている話を理解することが重要になります。自分の思考をまとめる事で説明力が高まり、相手が聞きたい情報、求めている話、自分が伝えたいことを整理し、どの順番で伝えていくかを考える事で伝わりやすい説明を行う事が出来るようになります。さらに相手の思考を整理してあげる事で理解度が高まるとあります。会話の中で質問をすると回答を考える事により相手の思考が言語化され、回答する事で自分が言った言葉として道筋が生まれる。また会話を行うことで相手の求めている情報がわかるので補足、追加説明することが出来る。説明はコミュニケーションである事を意識して自分が話すだけでなく相手を思いやり、正しく伝え、正しく伝わる説明を行います。

多田神社

近所にある多田神社に行ってきました。香川県は多田という名字の割合が全国一位であり、私の住んでいる三木町は多田の名字が一番多いです。だからではありませんが近所に多田一族が作った多田神社があります。多田源氏の多田善最が落ち平家討伐にきてそのまま住み着いたそうで、他の地方の多田名字も同じだそうです。祖先を知るいい機会になりました。

地元の名所巡り

三木町にある熊野神社の二本杉をドライブをかねて見に行きました。2本の杉の幹の回りは右が9m、左が6m、樹高はともに45mもあり、右の木は樹齢800年ほどと言われています。今回初めて行きましたが自然の偉大さに感動しました。また時間がある時に地元の知らない名所めぐりに行ってきます。

新年の抱負

野菜嫌いですが職人さんが目の前でリズム良く焼いてくれてるのを見ながら皆で食べると美味しいですね。食事会では今年の抱負を発表したり社長にプライベートな質問もさせていただいて冗談を言いながらも真面目な話もして楽しい時間を過ごせました。今年も仕事も遊びも一緒に楽しみましょう!

© 2021 PLAZA SELECT LTD.