次のページの見出し

高松店大改造環境整備の続き

社長のDAYSにあるように高松店大改造を行いました。カウンターをのけた翌日、新しい場所へカウンターを取付ける為カットを行いました。切りながらも新しい棚の注文が。。。確かにあるといいよね。。。試行錯誤しながらも皆でワイワイ楽しく環境整備を行います。

食後の卓球大会

皆さん投稿の懇親会の最後に行われた卓球大会。小さなラケットを持ち勝負する仲良しな2人。いつもと一味違う懇親会で楽しい時間を過ごせました、また開催したいですね。

芸術と建築

佐々木さんと『猪熊弦一郎美術館』に行ってきました。私自身絵心が無いのですが建築と芸術の融合で展示されている絵、絵の見せ方や空間の使い方に感動しました。ですが美術館で絵を見ながらも、どうしても壁の素材が気になって触ってみたり、天井の格子の上にあるダクトに気をとられてしまいます。。今回の見学は良い刺激を受けました、ヘタですが絵を書いてみたくなりました。

奇麗な赤と緑

社長のDAYSに載せて頂いた唐辛子ですが、すっかり完熟してどんどん赤くなっています。葉の緑と赤い唐辛子がとてもきれいで、かなり早いですがクリスマスをイメージしてしまいました。少し収穫しましたが今回は暑くて早々にギブアップ。。。ピリリと辛いおいしい一味を作る為にまた頑張ります。

読書レポート_多田/No10

『30代を無駄に生きるな』 永松茂久 著

仕事、家庭、健康管理などそれぞれのステージにおいて重要なターニングポイントであり、大きな変化や岐路に立たされる30代。仕事においては伸び悩むか、自ら目標を立てて成長できるか分かれてしまう。本書の中で「30代を惰性ではなく計画的に過ごす」とある。時間は全ての人が平等に持っている唯一の資源であり、その資源をどう使うかはその人の自由である。30代は仕事や将来のことなど選択の連続だ。選択に悩むことが出てくるが時間は限られたものだと意識すれば、いま何を選ぶべきかの答えが明確になる。体力の低下も感じ始め、休みの日は疲れた体を癒す時間も必要になり、家族がいれば自分一人の時間も多くは取れない。だからこそ時間を大切に扱うことがこれからの人生を決める大きなポイントになる。それだけ時間には大きな価値がある。貴重な時間を未来の自分への投資として趣味を持ったり、自己研磨をしたり、好きなことをして自分のために時間を有効に使う事を習慣化していく。

 

新しい相棒

新しい相棒が我が家にやってきました。氷を入れてポンプを押して冷えた炭酸を入れるとすぐに美味しい酎ハイが飲めます。このポンプがとても優れもので好きな時に好きなだけ飲めます。飲み過ぎに注意しながら美味しいお酒を楽しみます。

石垣すいか

以前も載せた小玉スイカですが猿にとられてなかなか収穫できなかったのですがようやく収穫できました。こちら石垣いちごを真似した訳ではないのですが放置している間にどんどんはみ出してしまいました。。。石垣の温熱効果か、とても甘くておいしかったです。

夏の遠足2020番外編~和解~

皆で仲よく食事をした後には和解の集合写真。

夏の遠足2020番外編~あれは!?~

まさかあやつは!?!?あの夏空がすこぶる似合う伝説の!??

© 2020 PLAZA SELECT LTD.