次のページの見出し

読書レポート_兼松/No.5


『伝わっているか?』小西 利行著

本書では、伝えるではなく「伝わる」を考え「伝わる」技術の大切さを説いてくれている。職場ではビジネスで必要なホウレンソウなどについてよく学ぶし、当社でもホウレンソウの定義がある。私は最近、このホウレンソウがうまくできないことがあり「コミュニケーションって難しいな」「どうしてこんなになってしまうんだろう」と思っていた。それは「伝えよう」として失敗していたのだと気づかされた。「伝える」ことばかり考えると、結局、相手のことを考えず自分の意思を押し通し、ひとりよがりになってしまうからである。今後は、「相手に伝わること」を重要視して考える。「相手に伝わる」ようにするためには、相手のことをたくさん想像しなければならない。そうすると、相手が好きなことや、して欲しいことが浮かんでくる。そんな風に「相手のして欲しいことを想像する」のがコミュニケーションには大切である。自分にメリットのある話や、楽しませてくれる話なら、相手も喜んで聞いてくれるし、その結果、前向きに行動してくれる。相手の心を動かすコツは、①相手が「おっ」と微笑む瞬間を想像する。②相手が望んでいることと、伝えたいことが重なる「共感ポイント」を探す。もちろん、相手の質問の意図を把握して、質問に答えつつ、相手が喜びそうな「共感ポイント」を意識して話すようにする。

© 2019 PLAZA SELECT LTD.