次のページの見出し

リラクスカッコいい!

当社の住宅オリジナルブランドである「リラクス」の建売が完成しました!この建物はすでにご購入いただいていてそろそろお引き渡しする物件です。注文住宅としてもリラクスを建てることができるのですが、当社が基本ベースのリラクスにコンセプトを尖らせて企画する「建売リラクス」は1棟ごとにそのコンセプトが好きな人にはハマるカッコいいものになっています!たくさんのコンセプトを持った過去のリラクスの作品はコチラのリラクスデザインギャラリーで見れますよ→→https://www.relax-plaza.jp/works/

やっぱり入口がシュッとしてるのはいいな

先週大瀧君もDAYSにアップしていましたが、高松の事務所入り口にプラザセレクトグループのカッコいいサインができました!綺麗に写真が撮れたから大瀧君と重なりますがさらにあげます!

店舗入り口には緑と、リラクス君ぬいぐるみと、社員旅行の時にみんなで作った萩焼の湯呑み(各事業のロゴマーク入り)、そして私の著書。これも久しぶりに宣伝しとこう→楽しく生きようよく遊びよく働け 想いを形にする仕事術

徳島の入り口にもつけようかなぁ。会社の入口エントランスがシュッとしてご機嫌です。

プラザセレクトグループタオル

少し前に仲良くなった経営者の方との繋がりで今治タオルでロゴ入りのタオルを作る機会を得ました!オーガニックコットンを使った肌触りがとっても気持ちいいタオルです。ハンカチサイズのタオルを2色用意したのでこれからお客様に差し上げよう!喜んでくれたら嬉しいな。

読書レポート_三谷/No29

『会社というモンスターが僕たちを不幸にしているのかもしれない。』 青野慶久 著

サイボウズ代表取締役の著書。物事の常識や当たり前にとらわれずに、本質を見て合理的に判断をしているような印象。合理的と言うよりシンプルに、自然に、無理が無いようにという感覚に近いかもしれない。当社は自然体で単純に、それぞれがなるべく働きやすいように合理化していくという会社運営の方針をとっているのでこの方の考え方や、サイボウズさんの企業運営方針は参考になる。しかも当社も会社内のグループウェアはサイボウズで、同じ四国出身ということもあり親近感も湧く。

そもそもなぜ会社があるのかという点から本書は始まっている。プラザセレクトも会社の存在意義を創業時から強く意識していて、我々がいなくても誰も困らないなら当社はいらないという話を社員にはよくしている。我々がいるからこその価値が必要であるということだ。本書にも「そもそもカイシャになぜ人が集まったのかをあまり考えようとしない」とある。多くの会社員の方はその通りだと思う。長い年月会社が生き続ければ、創業者から2代目3代目に代替わりしていき、オーナー社長からサラリーマン社長へと変化していく。そうすればそもそも会社を創った時の目的、理念は当然薄れる。会社を存続させれることが目的になり、もっと希薄になれば自分の生活や立場を存続させることだけが目的化してしまう。こうなれば不幸の始まりだと私は思う。本書もそのことが書かれていて、その状態をイケていないカイシャと呼び、そしてそこにいるイケていない社長やイケていない上司が会社が存在するそもそもの目的を見失わせるとある。
そこに入った若者は当然それらを知らず、教育もされないまま仕事をするので、会社に理念や夢があり、会社を通して自分を輝かせるということを考えようともしない。売上が大きいとかそういうところだけを見てしまう。そうではなく自分が楽しく働ける会社と出会うことが人生を楽しくする要素なのに。こう考えると本書のタイトルも本質を突いたものでうなずける。

最後に本書より経営者の私が忘れてはならない言葉があったので記す。
「誰からどのようにお金を集めるのか、集めたお金をどこに使うのか。この方針は代表の夢によって決まります。」
「代表が社会のためではなく自分のために働くようになると、自分のために働く部長を選ぶようになる。部長は自分のために働く課長を選ぶようになる。この構図に入り込んでしまうと、もはや自浄作用は利かなくなっていきます。」

創業の想い、理念の浸透の大切さがここにある。私が誰かに引き継ぐ時、また誰かに事業の一部を任せる時、これらの判断基準が大切である。この判断次第でここから後に続く人たちの幸不幸が変わってくるということを忘れてはならない。

徳島新聞に2LDK住宅が掲載されました!

6月19日の徳島新聞にウェブのみで発表した2LDKに特化した住宅商品の記事が掲載されました!先日記者さんが取材に来てくれてました。私の話をすごいまとめ力で理解してくれて文章化してくれてます!即座に要点を掴んで理解力のある人はすごいなぁと思います。

2LDK住宅の商品についてはコチラ→http://www.kodate-plaza.jp/2ldk/

最近は単身の方、夫婦2人世帯といったこれまで住まいは賃貸がメインだった方たちも、選択肢に一戸建て住宅の建築を検討される方が増えてきた感じがします。そんな人達に小さい住宅の提案商品です!お金を有効に使って老後を考えないといけない時代になりました。一つの選択肢としていかがでしょう?

COOKING~スパイスキーマカレー

少し前からスパイスでうまいカレーを作るというミッションを楽しんでいます。今回はキーマカレー!!ネットで調べて作ってみましたがイメージ通りの味にならなかったので連日作るという暴挙に出た作品です。1作目の経験を活かして2作目はさらなる改善を加え美味しく出来あがりました。かなり美味い!!今回のスパイスはクミン、コリアンダー、ターメリック、チリパウダー、ブラックペッパー、そこに塩を加えた調合。材料は玉ねぎ、トマト、人参、にんにく、生姜と挽肉!よく見るととても健康的な材料ですね。なんかだんだんこのスパイスの調合が楽しくなってきた今日この頃。。トマトを少し残しておいて彩に加えキーマカレーの完成です。

志満秀えびせんべいに戸建プラザロゴ!

最近このDAYSにプラザセレクトグループが運営する住宅ショップ「戸建プラザ」のロゴ入り商品をたくさん紹介しています!キットカットやビスコ、徳島銘菓の金長まんじゅう。食べもの以外ではマグネットシートもあります。そして今度は香川県の有名な志満秀えびせんべいに戸建プラザロゴが登場!!(全て売物ではありませんのでご注意を)なんかいろいろできて楽しくなってきました!!お越しいただいたお客様に差し上げて楽しい気分でにこっとしてもらおう。

リラクスマグネット登場!

よくお家の冷蔵庫にピタっと貼られてるやつを作りました!今回はかなりシュッとしたデザインのリラクスマグネットです。お家の冷蔵庫にでも貼り付けておいてもらえればインテリアとしてもかっこいいし、リラクスや戸建プラザのことも覚えておいていただける。本日からお客様にお配りしているので手に入れた方は身近なところに貼っちゃってください!そして戸建プラザとリラクスを以後お見知りおきを!私は会社のキャビネットに貼ってます。。

読書レポート_三谷/No28

『最高の体調』 鈴木祐 著

社長業をしている中で常に高いパフォーマンスを出すためにも健康や体調について理論的に学ぼうという意識が最近強くなってきている中で本書と出会ったので読んでみた。人間の体がどういうメカニズムで好不調の波をたどっているのかを知っていることは自分の体調管理に大きいプラス要素となる。答えとしては現代人は「炎症」と「不安」で不調を招くらしい。そもそも狩猟民族だった動物の人間に備わっているものが現代ではミスマッチをおこしていてそれが不調の原因になるようだ。要するに人間の動物としてのDNA、遺伝子と現代社会がうまく合っていないのだ。経済、技術の発展が急速過ぎ、便利さを手に入れた人間はその代償として古代の人間にはなかった不調を副作用として手にしたのだろう。古代と現代のミスマッチを3つのパターンでとらえているので記しておく。

①多すぎる  ⇒ カロリー 
そもそも古代人類はカロリーが足りない環境に適応するために進化してきたので、我々の脳と体は高カロリーを処理するような設計ではないらしい。よって余ったエネルギーが皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられる。内臓脂肪は人体の異物。それらが体内で炎症をおこし体調不良を呼び起こすだけでなく病気を誘発するのだそうだ。

②少なすぎる ⇒ 睡眠
日本人の睡眠時間は1960年の調査から比較しても現在は1時間ほど短くなっているのは驚きだ。狩猟民族として動いていた古代人類には「不眠」「寝不足」という言葉自体がなかったらしい。調査では現代人の睡眠時間は7~9時間がベターのようでこれ以上多くても少なくても体内の炎症が進むというデータがあるようだ。 

③新しすぎる ⇒ トランス脂肪酸と孤独
トランス脂肪酸とは人口の油。パンや揚げ物に使われていることが多く、そう摂取カロリーの1%をトランス脂肪酸に入れ替えただけで悪玉コレステロールの数値が激増するらしい。トランス脂肪酸は肝臓の働きを乱すようで、ハーバード大学の研究では摂取量が多い人ほど炎症レベルが高いらしい。
そして孤独。孤独感の強い人は早期死亡率が26%高まり、社会から孤独が長引けば32%までアップする。古代から人類はグループで動いてきた動物。私たちの脳は人間関係が希薄な環境に対応するシステムが備わっていないらしい。コミュニティが小さくなり、消えつつある現代で「孤独」は生存を脅かすものと認識されてきている。

要するに炎症反応とは、体が何らかのダメージを受けた時に発生する人体に備わった防御システム。人体を守るためのはずのシステムが、常に過剰反応し暴走しすぎて体調を崩すらしい。例えばトランス脂肪酸でパニックになった肝臓、孤独を感じ落ち着きを無くした脳。それらに対抗しようと免疫システムが過剰に働くことで全身に炎症反応が起きてしまう。その激しい炎症作用が常に繰り広げられるせいで血管や細胞などの周辺組織にまでダメージを与え全身の機能低下に繋がる。

これらのメカニズムを知っているだけでも健康への配慮が変わる。食べ物の選択や、睡眠の仕方、心の持ち方や人との接し方。そんなことがなんとなくダルイという感覚と繋がっていたのかということもあると思う。しかし全ては繋がっている。自分の生活を見直す良い機会となった。

© 2019 PLAZA SELECT LTD.