次のページの見出し

あと少しで完成!

高松で新社屋を建築中です。2月からはこの社屋で営業開始の予定。どんどん完成に近づいてきて本日看板を設置しました。カッコよく仕上がってきて工事の幕が取れるのが楽しみです。毎日職人さんたちががんばってくれているおかげでいい建物ができそうで完成を待ち遠しい!早くお披露目したいな。

2019年の仕事始まり

毎年新年の初出社日は社員みんなで初詣。商売繁昌と安全祈願を祈っていただきます。その後はお賽銭投げて、おみくじして、少しワイワイして神社を後に。そしてここからは社長の私からみんなへのお年玉イベント!これも毎年恒例になってきつつあり、みんな当たり前のようにイベントがある感じになっています。そう、そのイベントはステーキコースのランチへご招待!!みんな「うまいっ!」と肉を頬張っています。目の前でシェフが鉄板焼きの上でおいしいお肉と野菜を焼いてくれるから大満足の味。これ食べて今年もみんなでがんばろうぜ!!

新年から考えさせられたねぇ

よく映画を観ます。自宅にもDVDが棚に結構並んでいます。ということで話題のボヘミアンラプソディ観ました!今年初のDAYSはその感想。クイーンのボーカル、フレディの人生に心震えました。素晴らしい音楽を世に出し、人に愛されながらも自分自身は多くの葛藤、孤独、コンプレックスを感じ、昔から共に過ごしたバンド仲間を遠ざけ身を滅ぼす時期もあり…。そしてボロボロになっていくフレディに、間違いを指摘し本当に大切なものを気づかせてくれたのもまた彼が昔からずっと大切に思っていた人。華やかな成功者の人生の裏にある闇の部分も含め、登場人物みんな人生を戦っていました。そして人は人に生かされてるなぁと新年から考えさせられ…今年もがんばろう!

読書レポート_三谷/No23

『10年後の仕事図鑑』 堀江貴文×落合陽一 著

最近はAIがどんどん社会に進出してきている。インターネットの出現から世界は一気に変わった。歴史で習った産業革命など過去の転換期はこのような感じだったのだろうか。時間や距離という概念が明らかに以前とは違う。それも1年と言わず数ヶ月や数週間単位で変化している。情報の流れが高速化し、広がり方が別次元になっているからだろう。そんな中で本書はこれからの仕事について書かれている。当たり前の話だが、何かが生まれれば今までの普通が普通でなくなる。今この文章もパソコンでうち、ワンクリックで世界中の人がアクセスできるところに投稿できているが一昔前ならあり得ない事である。本書にあるようにAIが発達すれば、人がやっていた仕事の多くは奪われるだろう。しかし同時にそれらを使いこなせれば、今より格段に早く正確に多くの仕事ができる。すなわちもっともっと価値を生み出すことができるという事でもある。何度も本書にも書かれているが、AIで仕事を奪われると悲観的に思うよりも、それらを使ってどうすればもっと価値を高められるかを考えることが大事である。そしてやはり人でなければできない仕事が確実にある。人同士のホスピタリティ溢れる仕事がその一例だ。そして仕組みを作ることもそうである。夢を持ち新たな可能性を切り拓くことも人間しかできない。自分にしかできないことに注力して作業レベルのことはAIに任せる。これで仕事の幅は一気に増える。その上自由に使える時間を多く確保することができるようになるはずだ。今一度自分の価値が最大に高まるための自分らしさ、自分にしかできない強みを再認識しなおす時代に強制的になってきている。取り残されてはいけない。柔軟に変化することが大事である。

お誕生日祝いしてもらった

12月17日は私の39歳の誕生日。早くも30代ラストに突入です。そして優しい社員みんなが誕生日祝いをしてくれました。このDAYSはシステムの都合で一枚しか写真をあげられないので厳選してこのケーキ&バースデーメガネのショットを!他にもお茶目なバースデーメガネをかけて嬉しそうにプレゼントを開けてる私の写真やクラッカーを鳴らしてる写真もあったのですが今回は定番のケーキショットで!私はチョコケーキ好きなのでそれも配慮してのこのケーキの選択。みんなの気持ちが心にしみます。30代最後の年もやってやるぜ!毎年毎年みんなありがとう。

作った萩焼届いたぜ!

先ほど会社に宅配便が。先日の社員旅行で萩に行った時に作った萩焼が焼かれて届きました!テンション上がって開封。しかし残念ながら我々の絵付けの技術力が低いのか想像を下回る作品でした。。お皿やコップとしては問題ないですが、我々が書いた絵があまり美しい仕上がりではなかったですね。やはり職人芸を素人が遊びでやってもこの程度なのか。。奥深さを知った萩焼。でも絵は下手っぴだとしてもお家でお料理して使うぜ!!

社員旅行2018~喰らう!ふく会席 in 萩!!~

私は食レポ投稿ばかり続いています。さあ、やっと巡り合いました。今回の旅行のメインディッシュ!!山口県と言えばフグさんですね!!夜ご飯前にひとっ風呂浴びて、浴衣に着替えて、食事開始です!!ん?ひとっ風呂浴びてなくて浴衣にも着替えていない人もいるけどまあ人それぞれのスタイルだから。。よくわかりませんが、「ふぐ」ではなく「ふく」なんですね。フグの刺身、唐揚げ、鍋とフグのオンパレード!そして調子に乗ってオプションで地元牛「見蘭牛」も追加して食べました!最後に出てきた山口米も新米かなぁ。とてもツヤツヤしてた。全部うまい!美味しいもの食べてるとめっちゃ楽しい。みんな嬉しそうでした。そしてビール、日本酒などなどたくさん飲んでいる方もいらっしゃいましたね。写真ではまだ普通ですが、食事後半は真っ赤な顔に。。たまにはいいね。こんな食事をみんなとできることは嬉しい。感謝!!!!!このあとは大人のトランプ大会が開催されました!!

社員旅行2018~喰らう!河童そば in 秋芳洞!!~

山口県に到着!そして新山口駅から第一の訪問先である秋吉台と秋芳洞へGO!!訪問先の情報は他の人に任せて私は「食レポ」で!まずは腹ごしらえでこの地の名産「河童そば」を食す!!もともとは下関名物「瓦そば」が正式らしいのですが、この秋芳洞あたりでは河童そばで親しまれているようです。熱い瓦の上にそばがのっていて、その上にネギ、タマゴ、肉が綺麗に配置されています。そしてそれをつゆにつけて食べる。とても美味しい!そばの下は瓦で熱されているという今まで食べて事のないお蕎麦の食べ方でした。 ちなみに現地で仕入れた豆知識をご紹介。瓦そば自体は、西南戦争の時に西郷隆盛達の薩摩軍が合戦の合間に焼く道具がなかったから瓦で肉や野草を焼いて食べたということをヒントに生まれた蕎麦らしい。そしてそれをアレンジしたのが河童そば。そしてその河童そばにも悲しい伝説が。。昔日照りで困ったこの地で雨ごいを始めた禅師様が仏に感謝し自分の身を淵へ投げました。それを助けようと河童も飛び込んで一緒に流されたらしい。。ん?河童なのに??まあそこはいいか。。そういう悲しい出来事から村の人たちが禅師様と河童を手厚く弔って生まれたのが河童そばらしいです。河童すごいやん!

社員旅行2018~喰らう!駅弁おにぎり弁当 in 岡山駅!!~

山口に向かうために岡山駅で新幹線を待っている最中。「腹減った~。山口まで行ってお昼ごはんまで待て~ん!!」と男衆。まさに子供です。ということで乗り継ぎのわずかな間に、やっぱ新幹線は駅弁だろ!ってことでおにぎり弁当を購入。男四人が弁当に群がりました。まずは開いて駅弁君と記念撮影。食べ物にありつけてかなり嬉しそうな二人。まだ午前中なのに・・。旅はまだ始まったばかりで目的地までも到着していない。このペースでいくとこの旅行中にどれだけ食べることになるのやら・・。でもいきなりおいしくて楽しい雰囲気満載!これからの旅の楽しさが予感できる一幕でした!!
© 2019 PLAZA SELECT LTD.