次のページの見出し

読書レポート_大瀧/No26


『メモの魔力』著 前田 裕二

メモの魔力というタイトル通り、メモを活用することでこれだけの効果が得れるのかという気付きや発見を得ることが出来ました。著者のいうメモは記録ではなく知的生産のためにあります。要は黒板の文字を写すためではなく、新しい価値やアイデア、付加価値を出すためにメモを取るということです。具体的な効果としてアイデアを生みだす(知的生産性の向上)、情報を素通りしなくなる(情報獲得伝達率向上)、話の骨組みがわかるようになる(傾聴能力の向上)、相手のより深い話を聞きだせる(構造化能力の向上)、曖昧な感覚や概念を言葉に出来るようになる(言語化能力の向上)といったことが挙げられています。あとは当然どうやってメモを取るかということです。ノートは見開き、事実⇒抽象化⇒転用と1頁を活用します。普通は事実だけを書連ねますが、大事な部分は抽象化⇒転用の部分にあります。このフレームワークで新たな発見や気付きを生み出します。当然、一朝一夕には出来ないでしょうがこれを習慣化させることが大切です。メモ自体は取っていましたが、事実を書くだけのものになっていたので早速この通りに実践してみようと思います。

© 2019 PLAZA SELECT LTD.