次のページの見出し

読書レポート_大瀧/No20


『「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術』著 齋藤 孝

情報時代の今、知的生産力を磨くためには、情報を吸い寄せ日常的に使いこなせるか、つまりは情報をもとに「読む・書く・話す」力をどうモノにするかということが大切である。但し検索して得られる情報に価値はなく、それをいかに自分の中をくぐらせて、それを五感で感じ、自分の方法で活用出来なければ意味がない。それを実践するための方法が数多く書かれているが、実践する点は3色ボールペンを活用すること。青・赤・緑の色、それぞれに、青、客観的に見て、まあ重要な箇所。赤、客観的に見て、最も重要な箇所。緑、主観的に見て、自分が面白いと感じたり、興味を抱いた箇所と定義。この活用法は手帳、本、企画書など色々なものにも活用出来る。早速、3色ボールペンを購入して実践していく。

© 2019 PLAZA SELECT LTD.