次のページの見出し

読書レポート_三村/No29


『頑張らない人は、うまくいく。』 中谷 彰宏 著

私は住宅・不動産業界でずっと営業をしている。住宅・不動産業界だからという訳ではないが営業というのは結果が全て。みたいなイメージが昔からあるし、私も営業になりたての時はそのようなことを植え付けられていた。その為に、今は全くしていないが、当時はとにかくお客様に会う回数を増やしてチャンスを得る為に、頑張って毎晩夜訪をしていたこともある。何も考えずとにかく「会う」ことを目的にしているので、そこに工夫はなかった。これで迷惑がられてチャンスを逸してしまっていることもあったと思う。著書では「努力」とはうまくいかなかった時に前と同じやり方でもっと力を入れてすること。と定義している。そして「工夫」とはうまくいかなかった時に前とは違うやり方ですること。とある。仕事がうまくいかない時ほどどうしても頑張って努力をしてしまいがちになる。そうすると疲弊しさらにうまくいかなくなるという悪循環に陥ってしまい、さらにこんなに頑張っているのに。という誤った考えになってしまう。努力が大切な時もあるが、努力よりも工夫をするように頭を切り替え行動を変えていくことを忘れずに仕事をしていく。

© 2019 PLAZA SELECT LTD.