次のページの見出し

読書レポート_三村/No19


『「このお店なんかいいね!」とお客様が引き寄せられる繁盛店のつくり方』 都章 著

弊社の建売住宅リラクスの完売はとても早い。建売が完成前に売れ続けている。他社さんと比べても異常に早いらしい。我々の主事業の1つである建売事業が目指しているのは『行列のできる建売屋さん』。そこを目指して色々工夫しているからこその結果だが、いくら商品が良くても売れないという場合もある。購入してくださるお客様は「なんかいい」と思って我々のお店にまで足を運び、話を聞いてくださる。著書にはその「なんかいい」を感じていただくことがお客様を引き寄せると書いてある。これはお店という物理的なものもあれば、そこにいるスタッフや空気感みたいなものも含まれるし、最近はインターネットですぐにその会社や商品の情報を見ることができる。そこで大切なのは会社としての意識が全部お客様に向いているか、ということ。お客様に意識を向けてお客様目線で事業をしそれを発信していけば、自然とその想いが伝わって「なんかいい」につながっていく。我々の場合商品特性上、飲食店や雑貨屋さんのように何度も足を運んでくださるお店ではないが、ご来店いただいたお客様にこのように感じていただけるお店作り、我々の商品リラクスを購入し住んでいただいてからも「なんかいい」と無意識に感じていただけるような商品創りを今後も続けていく。

© 2019 PLAZA SELECT LTD.