次のページの見出し
2019.12.26 Thursday | Message

令和最初の年が終わるにあたり~時代が創られていくということ~

こんにちは。
プラザセレクトグループ代表の三谷浩之です。

あと少しで令和元年が終わります。今回平成から令和へと年号が変わるにあたり今までの近代史ではない形での天皇のご即位でした。時代と共にやり方や在り方が変わってきています。

今回のように年号が変わったことだけでなく、今急速に時代の中で多くの常識や環境が変化しています。日本は戦後高度経済成長で一気に経済が加速し人口も増え世界ナンバー2の経済大国にのし上がりました。それから100年も経っていない今では世界のトップを走る高齢社会突入国であり人口減少国です。人がいなくなっているため経済も縮小傾向。世界の通信手段はネットにより劇的に変わり、最近はAIが日常にも浸透してきています。まさに私が小さいころ見ていたドラえもんの世界や、有名な映画バックトゥザフューチャーの世界が現実になっています。

現代に生きる我々からすると今の常識や環境を変えることはリスクを伴い多大なる力が必要です。しかし未来から現代を見れば、今大騒ぎしていることがもしかしたら教科書にも載らないくらいの些細なことだったり、たった一行で「西暦●●年ネットが急速に発達してスマホと呼ばれる携帯電話とパソコンを合体させたものが普及し通信手段の高速化が始まった」とか「令和●年働き方改革の名のもと労働時間の短縮を図る企業が増え、そのため〇□・×▽という結果となった」などと書かれるだけかもしれません。その時代に生きている人からすれば「へーそうなの。知らんかった」とか「昔はこうだったらしいよ」とかその程度の会話になるかもしれません。今私たちも過去のことについてそうですしね。

しかし間違いなく言えることは、その無数の出来事の足元には多くの努力や犠牲や労力が積み重なっているということ。そしてその積み重ねで今の時代があるということ。私たちが今平和に暮らせているのも先人たちが日本のために戦ってくれたから、道路が整備され橋が架かっているのも誰かがその夢を実現したため、家や車や飛行機や電話があるのも、法律があり秩序が保たれそれを守る組織があるのも、常識という概念で社会が成り立っているのも、教育を施され読み書きができるのも、誰かが国のため、誰かのためにリスクを負って努力して創り出してくれたからにほかなりません。

そう考えると私たちは過去の人たちの常識と努力の上に今の時代を生かさせていただいています。時代が変われば今呑気にブログを書くこともできていないかもしれません。だから先人には感謝です。どんなに生きやすくなっても常に問題はあり完璧な世の中、完璧な組織、完璧な人はいません。だからこそ今の時代に生かさせていただいている我々は少しでも何かを変化させ次の世代が生きやすくなるように次に繋げていく義務があります。あれが悪い、これが悪いという前にそれらをよくするために自らが手足を動かしてほんの少しでも何か変化を促すことが過去の人への感謝の印となり未来への自分が生きた証になるのではないかと思います。

一日でも先に生まれた人たちが創った時代で生かされていることへの感謝と、一日でも後に生まれてきた人たちに前向きな生き方を見せて時代を切り開く義務。この両方を私たち一人一人は背負っているのではないでしょうか。昭和、平成、令和と3元号のもと生きられているいうことに感謝し、次の時代を創るために日々生きた平成最後の年と令和最初の年でした。

来年も皆様よろしくお願いします!

© 2020 PLAZA SELECT LTD.