次のページの見出し
2017.10.07 Saturday | Management

業界の常識は社会の非常識

 

こんにちは。
プラザセレクト代表の三谷です。

自分の業界の常識が社会の非常識であることに気が付かないということは多々あります。またその中で生きていると、いつの間にかそれが当たり前になり、何が普通で何が変なのかさえ気が付かなくなるものです。今回のメッセージにサブタイトルをつけるとすれば、『高額商品を売る者の責任感』です。
我々が扱う住宅・不動産という商品は、高額商品に位置付けられます。
そして非常識な商慣習がそこにはあります。
少し例外もありますが、日常の小売などの買物とは違う例をいくつか挙げてみましょう。

  1. 高額商品で、一般的には一生に一度の買い物
    <非常識ポイント> ローンを組み生命保険をかけて命を担保に買う。
  2.  一品受注生産(一品物)
    <非常識ポイント> その土地その建物は地球上にそれしかない一品物。
  3.  現場で誰の目にも見えるところで生産する
    <非常識ポイント> 普通は工場などで製品は出来上がるが見えるところで作る。
  4.  代替がきかない
    <非常識ポイント> 交換返品ができない、普通は不良品があれば返品できる。
  5. 現物が無いまま購入してもらう(建売の場合は例外)
    <非常識ポイント> 紙上の図面を見るだけで購入、ネット通販等例外はあるが現品を見て買えない。

ざっと見てもこれぐらいは我々の業界にだけ通じる常識があります。
非常識な常識の中で、我々を信頼していただいたお客様が購入を決めていただいています。これだけを見てもかなり責任が重い仕事であることがわかります。
だからこそ我々はお客様に真剣で且つ誠実であらねばならない。
だからこそ我々はプロとしてのスキルを絶え間なく磨き、お客様にご提案しなければならない。我々がずっと学び続け自己鍛錬をしなければいけない理由がここにあります。

© 2019 PLAZA SELECT LTD.