次のページの見出し

読書レポート_佐々木/No.30


『疲労回復 最強の教科書』久賀谷亮著

現代人における疲労とは体力的な問題ではなく脳の疲れとある。つまり疲労とは息が詰まる状態や、無理をして頑張りすぎる状態が原因で起きている。ネガティブな考えが頭から離れられなくなると、常に頭の中に占拠された状態となり脳疲労となるのだ。その解決方法として脳に空白を作ることとある。これによりゆとりが生まれ、幸せを感じることができ疲労回復が期待できる。では空白を作るとはどのような行動をすればよいか。この書籍では笑顔を作ること、直感で決めること、サードプレイスを見つけること、他には五感を擬音語で表現してみる等様々な方法とケースに合わせて使えるテクニックがある。要は考えることをせず感覚を澄ませることが大事なのだ。ただしダラダラ過ごすことが正しいと言っているのではなく、仕事もプライベートも充実することが目的である。疲れていると仕事の質も効率も下がる。メリハリよく生きていく為に脳を休めるテクニックを実践していく。

© 2019 PLAZA SELECT LTD.