次のページの見出し

読書レポート_佐々木/No.27


『結果を出す人は「修正力」がすごい!』大西みつる著

この書籍の言う修正力とは「自分を柔軟に変える」という能力を指している。状況や環境に合わせてやり方や考え方を変化させることが結果へとつながる。そしてそのベースとなる考え方として、「基本を見直す、小さく変える、できることをやる」の3つであり、これを積み重ねることで成果が最大化するそうだ。確かに無理やり出来ない事をやろうとしても途中で躓く上に、最悪諦めてしまう。そうなると結果何も変わらず何も身につかない。しかし少しずつでも理解し、身に付くことをすれば、自然と全体が見えてきて出来るようになっているといった経験がある。そしてその上で方向を間違わなければ、スキルを次々と習得できる。プラザセレクトは社員のダブルキャリアの習得を進めている。会社員として仕事をしていけば誰しも専門の知識やスキルが身に付くが、今までやってきたこと以外にも別の分野の内容も習得することで視野が拡がり相手への思いやりも生まれるからである。なかなか年齢を重ねる毎に新しいことを覚えるのは堪えるが、新しいことを覚えたり出来るようになると達成感や喜びがある為、この書籍で学んだ3つのコツを忘れず自分を変えていく。

© 2019 PLAZA SELECT LTD.