次のページの見出し

読書レポート_佐々木/No.26


『30秒集中法』森健次朗著

集中力の深さは仕事のスピード、効率など全てに影響してくる。しかしコントロールするのは容易ではない。プロのスポーツ選手はルーティン動作で本番前に集中力を高める行為を行なっているが、これを仕事に活かすことで成果は上がる。この書籍では日常の生活の中で簡単にできることを書いているが、複雑なことは効果に関わらず継続という観点からは難しいからだ。確かに読んでいると今から始められる内容ばかりである。眼球トレーニングや椅子に座りながらのストレッチ、時間制限を設けた単純作業など今からでも実施できるものばかりだ。また毎日管理しているToDoリストにおいて目標時間を記入するといったものもある。大体の時間の目安はあっても書くことでより意識し、集中して行えるからだ。どんな時でも集中して取り組むことで、難しく止まってしまう作業も解決の糸口をつかめるかもしれないし、結論を後回しにしなくなる。日頃から簡単にできる作業だからこそ実施し、自分自身をコントロールできるようにしていく。

© 2019 PLAZA SELECT LTD.