次のページの見出し

読書レポート_佐々木信/No.12


『クリエイティブ思考の邪魔リスト』瀬戸和信 著

この書籍ではクリエイティブ思考とは「考える工程」と定義し、問題発見から解決に至るまでにどうするのかについて学ぶ事が出来ました。仕事をしていて前向きに物事を進めていく時には少なからず考える行為を行い、成果を出していきます。この過程でなかなか解決できない事にも出会いますが、その解決の邪魔をしている要因を取り除く事でより多くの問題解決ができるようになるとありました。中でも「制約を設ける」という項目がありました。これはあえて条件を決める事で解決策がシンプルに鋭くなるという内容、縛りがあるから出来ないと考えるのではなく、逆にあるからこそ出来る事が見えるという事です。条件が厳しいからこそそれを乗り越える為に考えてなんとかしようとする行為がより大きな成果へと繋がっていきますので、厳しい時ほどこの言葉を思い出し、前向きにやっていく力にします。

© 2019 PLAZA SELECT LTD.