次のページの見出し

骨組みの見えないところ


弊社の工法ですが、木造ではピン金物工法を採用しております。建物の骨格となる柱のつなぎ目を金物で留めているのです。こうする事で木同士で固定するより強度が上がります。組み上がると見えない部分なのでお見せしたかったのと、実はちょっとしたアピールも兼ねてます。工法も細かく言うと深いので控えますが、見えないとこも実はスゴイ!と覚えて下されば嬉しいです!

© 2019 PLAZA SELECT LTD.