次のページの見出し

読書レポート/三谷_No1


『日本電産永守重信社長からのファクス42枚』川勝宣昭

言わずと知れた日本電産永守社長の経営の神髄が学べた。数々の会社をM&Aして1年で黒字化させてきた永守社長の経営手腕はすごい。何よりやりきる情熱、エネルギーが半端でない。そして言葉がきつくてもそこに深い愛情があることが伝わる。本書で私が得たキーワードは「スピードこそ最大の武器」。私も経営するうえでスピードは重要視している。だが永守社長のお言葉に触れればまだまだ遅い。永守社長の有名な言葉に「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」があるが、まさしくこれが企業も人も成長のために大切なこと。早く始めれば早く結果が出るし、間違いがあっても早く気付ける。改善する時間を確保できるということだ。その時間こそが何にも代えられない価値のある資源。速く走ることより早く走りだそう。

© 2019 PLAZA SELECT LTD.