次のページの見出し

壁面収納のある家

こちらはリラクス三条Ⅱのリビングです。インテリアも設置完了しております^^私自身も初めての現地。写真では見ていましたが、やっぱり実際に見るととてもいい感じで、テンションがあがりました!コンセプトは「壁面収納のある家」。機能的な壁面収納があればモノが増えても安心!また、おのずと片づけないといけない意識も働き、ごちゃごちゃしないようにお片付けも頑張れるような気がして一石二鳥かもしれません。魅せる収納として好きなモノや趣味のモノを飾ったり、お子さんが学校で作って持って帰ってきた工作品を飾ったり、様々な用途にお使いいただけます。インテリアや住宅作りのご参考に、ぜひご見学にお越しくださいませ!

創業記念祭のボーリング大会

創業祭のイベントとして、久々のボーリングとを楽しませていただきました^^社内ボーリング大会、1ゲーム目が終わった後のスコア結果画面です。女性陣以外は個性的なあだ名で画面に表示。写真では小さくて見えないと思いますが、社長は「みたみた」、三村さんは「みむみむ」、大瀧さんは「たっきー」などなど…ボーリングに行かないとお目にかかれないお名前です(笑)何をするにしても楽しむことができるのっていいですね♪そして、みむみむこと三村さんは、お正月に練習されていたらしく(笑)なかなかの腕前でした!来年は打倒みむみむです!!笑

高松新社屋の一室

高松新社屋の一室、商談スペースもいい感じに仕上がっております!また、新社屋完成のお祝いにビジネスパートナーの皆様方から頂いたお心遣いも一緒に飾らせて頂いております。本当に皆様に感謝でございます。あともう少し調整し、より良い環境にできるように細部にこだわっていきたいと思います!

読書レポート_兼松/No.3

『40歳が社長になる日』岡島 悦子著

本書は題名のように企業したいような人に向けただけのものではなく、新時代の扉を開くためのルールを学ばせてもらえるものだった。自分はまだ若い方だから大丈夫…だなんて、まだ先の話だと思っていたら「時すでに遅し」状態になってしまう。人生100年時代。一定の危機感を持って生きていきたい。未来は極めて不確実である。消費者ニーズは多様化し、移り変わりも速いし商品やサービスの寿命も短くなっている。このような時代では、企業は顧客とともにビジョンを創っていく必要がある。本書で言うビジョンとは、ミッションを実現するために具体的に何に取り組むかという指標だ。顧客の消費活動や購買意欲を促す潜在的な欲求のスイッチ、すなわち「顧客インサイト」をあぶり出し、商品やサービス開発に反映させていかなければならない。そして、これからはリーダーが先頭に立って旗を振るスタイルではなく、現場が見つけ出した顧客インサイトを意思決定に役立てる「逆転のリーダーシップ」が必要になる。経営判断の場で、現場の人間としてしっかり声をあげていけるよう、今は多くの経験をさせてもらえていることに感謝し、視点を広げていきたいと思う。

社内検査

先日、まもなく完成する高松市の新社屋の社内検査に同行してきました!社内検査とは、工事が終わった後、お客様にご確認頂く前に社内の人間だけで建物全体の確認を行う、いわば最終の品質チェックのようなものです。今回の新社屋は自社ではありますが、検査は全棟実施するので、自社でもバッチリ行います。そんな社内検査をしつつ、自分たちが働く事務所が出来上がってきたのを見てワクワクしました!皆さまも高松の新社屋の完成をお楽しみになさっていて下さいね^ ^

徳島からも開花宣言。

佐々木有美さんも梅の花の写真をアップされていますが・・・徳島からも開花宣言をお届けします!今日は兼松家の実家の片づけをしていて、普段は足を踏み入れない裏庭へ・・・。蜘蛛の巣なんかに気をつけなきゃな~と思ってふと見上げると、もう梅の花がほころんでいました!梅の見頃は2月から3月のようですが、寒い季節に可愛らしいのつぼみが膨らみポンポンと咲き出していくと、もうすぐ春が来るのかな~とちょっぴり嬉しくなりました^^

これから7年

休日を利用して、愛媛県松山市の道後温泉に行ってきました!夏目漱石の小説『坊ちゃん』にも登場する道後温泉。その本館は、古い部分は今年で築125年にもなる、公衆浴場では初めて国の重要文化財に指定された歴史ある建物。実は、今日から7年かけ耐震改修工事に入ります。まだ今日は、風情あるレトロな外観を見ることができました!改修工事の間は、この風情ある外観も工事用のシートに覆われてしまい見られなくなることもあるようですが、プロジェクションマッピングや、改修工事の進み具合を見られる現場見学ツアーなど、工事中でも観光客を楽しませてくれる様々なイベントが企画されているそうです。とっても魅力的ですよね!私もまた道後温泉へ足を運んでみたいと思います(^^)

初詣

仕事始めの1月5日。高松市一宮町の田村神社へ初詣に行きました。私は今年から参加させて頂きましたが、素晴らしい1年のスタートを切れそうな初詣でした(^^)今年も頑張りますので、皆さまどうぞ宜しくお願い致します!!ちなみに田村神社は水の神様が龍の体で示現なされているそうです。私は辰年生まれなので、龍がたくさんいることにこっそり喜んでいました(笑)その龍とお戯れになる方々の写真はまた別の投稿をお楽しみに!

読書レポート_兼松/No.2

『伝え方が9割』佐々木 圭一著

別の人がプレゼンしたらOKをもらえるのに、自分がプレゼンしたら魅力が伝わらずOKをもらえない。同じ内容なのに…といった経験がこれまでに何度かありました。しかし、本書を読んで、自分の意見だけではなく、相手のメリットになるような伝え方をすることが大前提にあるという認識が欠如していたからだと分かりました。評価は他人がするもので、受け手の主観が大切です。例えば「こちら嫌いでしょ、だからやらない選択をしましょう」という切り口で【嫌いなこと回避】の伝え方です。「芝生に入らないで」は自分本位。しかし、言い方を変えて「芝生に入ると農薬のにおいがつきます」だと相手のメリットに変わります。相手の立場になって少し考えれば分かることですが、実際には自分優先で話をしてしまうことがよくあります。お客様に対してご提案する際にも同じことが言えると思います。想いは言葉にしないと伝わりませんが、直球で伝え過ぎることのないように、様々な状況にアンテナを張って、日々の会話から気を付けていきます。

© 2019 PLAZA SELECT LTD.