次のページの見出し

もちまき祭@リラクス新浜Ⅱ

本日1月18日(土)15時から、徳島市新浜町にて建築中の『リラクス新浜Ⅱ』の上棟を祝して、恒例のもちまき祭を開催します!そして、今回限定で、お正月らしい紅白餅をご用意させていただきました^^お餅のほかにお菓子もご用意しております。また、もちまき祭終了後、お子様を対象にした「大工体験」を予定しております。詳細はイベント情報からご覧いただけます♪皆様ぜひご来場くださいませ!

鏡開き

今日、1月11日は、鏡開きの日という地域、ご家庭が多いかと思います。ただ、今では本物のお餅で作られた鏡餅というのは少ないかもしれませんね。実際、我が家もそこまでしておりませんが、今日はお正月に食べ切れていないお餅を食べ切るためにも!おしるこを作って食べて、今年1年の無病息災を祈りたいと思います。

お正月準備

徳島店の駐車場にあるモニュメントがお正月仕様に変わりました!2019年も、今日を含めてあと5日。今日は少し風が強いですが、青空が広がっています!年末年始に向けて何かと忙しい時期になってくると思いますが、皆様ご体調には十分にお気をつけてお過ごし下さい。

クリスマスイブの徳島空港

今日、久しぶりに徳島空港へ行きました!クリスマスシーズンということで、阿波踊りのモニュメントやすだちくんたちが煌びやかなクリスマス色に染まっていて、クリスマス気分を味わえました!

社内の備品を心機一転③

社長と佐々木さんの記事に続きまして!最難関作業は、キャビネットのいちばん下の扉の取り付けでした。こちらは、社長も難関作業をしてくださっているところの写真です。手を離そうもんなら社長が挟まれてしまうので、そうならないように藤井さんがしっかりサポート!皆で協力して、事務所のキャビネットが一新されました(^^)

趣味その2

先日は山登りの趣味について書きましたが、もうひとつ趣味としてやっていることがあります。それがソフトテニス!学生時代にやっていて、社会人になってからは全くだったのですが、日頃の運動不足解消のため、1年程前から社会人サークルに入り、週に1回ラケットを握っています。しかし、テニスをした翌日は毎回筋肉痛です(笑)やはり学生時代に比べると体力の衰えを感じますね。。これからも健康維持のために頑張りたいと思います!

冬の遠足2019~おわりの後~

さて、収穫・試食を楽しんだシイタケ。実は、社員のため、社員の家族のためにお土産として社長がたくさん買ってくれて、自宅に産地直送!そんなシイタケさん。実は、ワタクシ、シイタケさん、苦手だったんです…が!新鮮なシイタケを美味しく頂くことができたので、自宅でもシイタケ実食にチャレンジ!アルミホイルで水分を保持する蒸し焼きが良いと教わったのにも関わらず、せっかくの肉厚ジューシーを切り刻んでしまいましたが…苦手な野菜にチャレンジする子どものように小さく切って、美味しく頂きました!シイタケ苦手な私にとってはかなりの進歩です!苦手克服ができたと思うので、今回の大人の遠足で、少し大人になれた兼松でした!!

冬の遠足2019~収穫前の記念撮影~

しいたけについての勉強を終え、いざ収穫!!のその前に、お決まりの記念撮影です^^しいたけ大好き三村さん。少年のような輝かしい目で、しいたけを見つめています。なんせ、収穫後は採れたてのしいたけが食べられるんです。そりゃしいたけ好きにとっては楽しみで仕方ないでしょう!記念撮影のためにと持たせてくれた菌床ごと持って帰るんじゃないかと心配になるほどのテンションの上がり方だった三村さんでした。さぁ、記念撮影の後はいよいよ収穫体験です♪

読書レポート_兼松/No.12

『一番わかりやすい整理入門』澤 一良 著

時短家事や節約術に関するテレビ番組が人気になるほど、今や注目のキーワードになっている「整理収納」。家中を片付けることはないにしても、自分の机、自分のクローゼット、会社の机など、雑然としていると不便な場所はたくさんある。その整理収納を他者にレクチャーすることができる資格「整理収納アドバイザー」になるためのテキストである本書を読んで、第三者のための整理収納を学んだ。ちなみに、アドバイザーという資格なだけあって、ただ単に第三者のために整理整頓をしてあげるのではなく、整理整頓することができるプロセス、考え方を提案することが目的。何事においても表面だけキレイになっても根本がダメではいけない。そして、その第三者に整理収納を諭すステップとして最も大切なのはヒアリング。これは、住宅購入時のお客様に対して行うヒアリングと通じるものがあった。例えば、しっかり聞くことが大切であること。具体的な困り事を聞いて、それを解決するとどうなるのか、どんな暮らしができるのか、そもそもどんな暮らしを求めているのかを考えてもらう。話の背景、考え方の背景にある根本的な原因が浮かび上がることもある。そのようにしっかり聞くことで、お客様の暮らしを尊重した上での提案ができる。hearではなくlistenが大切である。hearは自然に「耳に入ってくる」音を聞くことを表し、listenは自ら「耳を傾けて」音を積極的に聞くことを表す。今後、私もお客様に接する際にはhearではなくlistenを心掛け、お客様をファシリテイトできるようになる。

© 2020 PLAZA SELECT LTD.