次のページの見出し

冬の遠足2019~帰路でも椎茸~

遠足の帰路、鳴門にある珈琲店に立ち寄った際にさっきまで椎茸収穫をしていたファームにあった菌床(椎茸が生えていた箱型のもの)を発見!思わず撮影をしてしまいましたが、何かとご縁を感じた瞬間です。

冬の遠足2019~恒例のご当地記念撮影~

度胸比べも終わったところで恒例のご当地記念撮影です。徳島のマスコットのすだちくんと花れんちゃんからの友達認定も頂き、三村さんもにっこりです。

読書レポート_大瀧/No33

『学び効率が最大化するインプット大全』著 樺沢 紫苑

我々はインターネットやSNS、読書や人と会うことなどで日常から多くのものをインプットしている。しかし、大量にインプットしている割に得たはずの情報を思い出せなかったり、上手く活用出来ていない人が多く、今以上の情報爆発の時代に突入していく中で“インプット術”の革新が必要である。著者は最短時間で最大効率のインプットを行うことで大量のアウトプットを可能にしている。本書ではインプットの基本法則から実生活での具体的なインプットの方法など分かり易く記しているが、その中でも重要と思ったのが2点。1点目はインプットの定義である。読む・聞く・見ることで情報を得てそれを記憶に留めることがインプットの定義であり、なんとなくで全く覚えていないだけではそれはただのザル読み・ザル聞き・ザル見である。自分もザルで終ってしまっている部分はあるので、注意深く意識して、情報を脳にインプットしていくよう改善したい。もう1点はインプットとアウトプットは表裏一体ということ。例えば日常会話での“聞く”はインプット、“話す”はアウトプットに該当する。聞く・話すはそれぞれ単独ではなく、相手の話を聞きながら次に話すことを考えている。要はインプットとアウトプットを同時処理しているということで、これは切っても切り離すことはできない。どちらかだけに集中せずに同時処理を行うことが、より記憶に留め学びの効率を高めることが出来る。これは人の話を聞く(インプット)、メモを取る(アウトプット)など日常でも多くのケースがあると思うので同時処理を意識していく。

一人焼肉ランチ!

社長のDAYSに徳島では焼肉大会が開かれているとありましたが、そんな中、私は三木町で一人焼肉ランチです。あるお客様に提案する土地が三木町にあり現地確認の際にたまにいく焼肉店でランチを頂きました。ここのお店は土日でも焼肉ランチがやっているので年数回行きます。今日もいつも通りAランチ。久々の焼肉ランチ、美味しく頂きました!

コーヒーが好きです。

私、1日3杯以上はコーヒーを飲んでおります。結局のところ、行きつくのはコスパからしてコンビニのドリップコーヒーになりますが、新しいコーヒーが出れば缶・ペットボトルなど問わず常に挑戦しています。本日購入したのがこちらのBOSSの新商品。お値段はそこそこしましたが、コーヒー通としてはそれはやむなし。今後も新商品が出れば飲み続けます。

 

建築途中の現場

建築途中の現場に行くことは数多くあります。当然ですが、現場毎に進捗も違うのでいつも行く度に初めて見る工程もあります。今回写真にある階段部分ですが、この時点で見たのは個人的に初でした。そりゃそうだろうという構造ですが、出来てしまうと見えないので見ているのと見ていないのでは大違いです。これからも現場周りの際には色々と見ていていこうと思います。

国分寺町にて、もちまき祭り開催!

本日は高松市国分寺町にて、もちまき祭りを開催させて頂きました!1週前は天候が心配されていましたが、すこぶる快晴で良かったです。立地的に少し古い団地に位置しますので、来場数を心配していましたが約40人と予想を超える来場で盛況を収めることができ、本当に良かったです。まだまだ上棟したばかりのリラクス国分寺Ⅱ、完成は来年の1月を予定しております。今後も安全第一に工事を進めて参ります。

 

読書レポート_大瀧/No32

『時間革命』著 堀江貴文

時間ほどかげがえのないものはない、本書冒頭に出てくるワードである。若い時はあまり思いもしなかったが、今となっては非常に共感できるワードである。1日は24時間あり、それは誰でも平等である。但し、どう使うかはその人次第であるため、その使い方は非常に大切である。著者はこの本の中で時間とは2種類しかないと定義している。自分のために使う自分時間と他人からの依頼など自分にとってあまり重要でない他人時間の2種類である。また自分時間を増やすことと他人時間を減らすことで人生の質が高くなるとも説いてある。仰る通り、シンプルな方程式ではあるが時間を支配するにはこれしかないと思った。ある一日を切り取って振返ってみても大半が他人時間に支配されていて自分時間は僅かであった。もっと自分の人生を輝かすためには自分時間を確保する必要がある。そのためには、昼飯中にメール返信を同時に行ったり、運転中の隙間時間を有効に使ったりすることが今の自分ではすぐに出来ると思ったので実践していく。

歓迎会

10月より高松店に人が増えました。写真はいつも定期で行なっている懇親会にT社員の歓迎会を兼ねて開催したときのものです。経験も豊富で色々な資格も持っているT社員、今後仕事をしていく上で助けられそうな予感です。我々も職場に馴染めるように努力しますので、宜しくお願い致します!

© 2019 PLAZA SELECT LTD.